魔珠 第1章 魔珠担当官(7) 舞踏会3 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『魔珠』を連載しています。 前作『ヴィリジアン』も公開しています。
Admin / Write
舞踏会会場に到着すると、すでに多くの人がグラスを片手に歓談していた。入ったとたん、視線が一斉に集まってきたのを感じた。スイがいつもと違って一人であると気づくなり、声をかけようと何人かの女性が口を開きかけたが、それを遮るようによく通る声が響いた。
「あら、スイ」
 少し離れた場所からだった。振り返ると、美しい女性が小さなテーブルの横でグラスを持ったまま笑顔で手を振っている。
「アリサさん。アイリさんも」
 スイは見知った顔を見つけてそちらに向かった。
「スイ君。元気にしてたか?」
「ハウルさん、イオさん。お元気そうで」
 アリサとアイリはキリトの姉だ。長女のアリサは明るくて社交的で、キリトとよく性格が似ていると思う。次女のアイリはおとなしい女性だ。いつも姉か夫の横で人の話を聞いている。ハウルはアリサの夫で、宰相の頭脳である政務室に勤めている。イオはアイリの夫で、士官学校の教官をしている。キリトの姉はいずれも生まれた家の名にふさわしい、名家の将来有望な男性に見初められ、結婚した。
「今日はキリトと一緒に来なかったのね。喧嘩でもしたの?」
 アリサのキリトに負けず劣らずの遠慮ない物の言い方にスイは苦笑する。いつものことだが。
「いえ。エスコートするご婦人がいると言って振られまして」
「まあお気の毒」
 容赦ない言葉の応酬に周りの者たちも苦笑する。
 そのとき、会場でざわめきがあった。スイたちも気になって扉の方を見ると、華やかな衣装を身にまとった若い美男美女が立っていた。会場中の注目が集まっている。当然だ。社交界で貴婦人たちの注目の的の一人であるキリトが見たことのない可憐な少女を連れているのだから。
「エミリ」
 驚きのあまりスイが声を上げる。
「お久しぶりです、スイ様」
 気品溢れる笑顔でその少女――エミリが返す。気品は溢れているが、その笑顔はどこかやんちゃだ。

次回更新予定日:2018/09/22

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 187  186  185  184  183  182  181  180  179  178  177 
プロフィール
HN:
千月志保
性別:
非公開
P R
フリーエリア

忍者ブログ [PR]