ヴィリジアン 第2章 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
同じ階のいちばん奥に王騎士専用の練習場がある。グレンは部下たちのいる一般の練習場で鍛錬していることが多いため、普段はあまり使わないが、今日は二人だけで話をする必要がある。まずはソードに見てもらわなければならない。
「なるほど。やはりそうだったか」
 グレンの剣から吹き出た閃光を自身の剣で振り切るなり、ソードは眉一つ動かさず、無表情のまま言った。
「力が……」
「そうだな」
 言葉は少なかったが、ソードはグレンの言わんとすることを誰よりも正確に理解していた。
「やっぱり……ヴァンパイアの、せいなの?」
「そう考えるのが妥当だろう」
「もしかして……ソードのその力は……」
 吸血されることによって得た人のものではない力。ヴァンパイアになったことによって得た力。ソードの桁外れの強さは、それがヴァンパイアの力だったからだ。そして、グレンも今、その力を手に入れた。望んだわけではないが。
「運命のいたずらだ。ありがたく使わせてもらえば良い」
 穏やかに言われると、少しだけ冷静になった。大きな力を得るということは、特に王騎士であるグレンにとっては、悪いことではない。むしろ魔獣やヴァンパイアを討伐し、人を助けるためには大いに役立つ。ヴァンパイアと戦うときにも、傷ついた人を癒すときにも力があった方がいいに決まっている。それでも、そのきっかけに戸惑いを覚えずにはいられなかった。
「グレン、急には無理だ。少しずつ、受け入れていけば良い」
 変わってしまった自分を、ヴァンパイアになってしまった自分を受け入れていく。どれほどの時間がいるのだろうか。ヴァンパイアになっても自分は自分。そう考えて生きていくしかない。ソードはヴァンパイアになったグレンをすでに受け入れてくれている。ソードが受け入れてくれているのに、自分の方は簡単に受け入れられない。

 ソードの言ったように、少しずつ受け入れていった。思ったほど時間はかからなかった。もう大丈夫だと思っていた。だが、改めて指摘されると、心が揺らぐ。
「どうかしたのか?」
 ウィンターが意地の悪い笑いを浮かべる。あるいはそう見えただけかもしれない。
「いや、何でもない」
 グレンは思ったことが顔に出やすい。まだ悟られてはならない。ウィンターはヴァンパイアのことをグレン以上によく知っている。もしかしたら、すでに気がついているかもしれない。そうだとしても、まだグレンの口からは言えなかった。見えない不安が口を割ることを阻んでいる。どうしたらいいのか、言ってしまったらどうなってしまうのか、グレンには予測がつかなかった。ソードもまだ明かさない方がいいと言っていた。もう少し、考えてからにしよう。

次回更新予定日:2015/08/22

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
PR
「将軍、相手していただけませんか? 少しは強くなったか力試ししてみたいんです」
「そうだね。久しぶりに見せてもらおうかな」
 吸血された次の日、訓練場を通りかかると、稽古をしていた上級兵士たちに声をかけられた。何となく前日のもやもやがまだ取れていなかったため、気分転換にもなるかもしれないと軽い気持ちで引き受けた。
「来い!」
 剣を構えると、上級兵士たちが襲いかかってきた。すっと一振り剣を振るうと、宙を斬った風の力だけで全員が吹っ飛び、壁に打ちつけられた。グレンはびっくりして倒れた兵士たちの方に駆け寄った。
「おい、しっかりしろ!」
「う……将軍……」
 流血などはなかったが、壁に打ちつけられたときの衝撃は相当大きかったらしく、痛みのためなかなか立ち上がれない。
「ここか?」
 治癒魔法を使おうと手を当てると、いつもと比較にならないくらいの力が溢れてくる。
「えっ?」
 困惑して慌てて手を引っ込めると、もうすでに兵士はぴんぴんしている。ほんの一瞬だったはずなのに、もう治癒が完了している。
「将軍、何だか、前にも増して強くなられたような……」
「やっぱり、強い敵との実戦が続くと、強く、なるもんなんだなあ」
 渇いた笑いで何とかその場を切り抜け、急いでソードを探す。
 もうソードしか頼れる人がいない。
 そういえば――まさか、ソードのあの桁外れの強さは。
「ソード!」
 練習場、図書室、ソードのいそうなところに寄り道しながら城内を走る。やはりいない。
「ソード、グレンだ」
 ドアを勢いでかろうじてノックだけする。ソードは自室にいる時間が圧倒的に長い。無口で他人とあまり意識して接しようとしない。冷たく近寄りがたい空気を漂わせているため、部下たちもあまり干渉してこない。グレンとは対照的な王騎士だ。王騎士の三人だけでいるときもあまり口を利く方ではないが、一緒にいて不快だということはない。
「どうぞ」
 短い返事をするなり、グレンは部屋に飛び込む。バタンとドアの閉まる音で、ソードは読んでいた本から目を離し、わずかに顔を上げる。
「どうかしたのか?」
 静かな口調でソードは尋ねる。
「ソード、手合わせ頼む」
「今か?」
「そう。今すぐ」
 唐突な申し出だったが、ソードは不思議そうな顔はしなかった。黙って席を立ち、剣を取ってグレンの後をついていった。

次回更新予定日:2015/08/15

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
「なぜ、ウィンターはムーンホルンに?」
「テルウィング王はムーンホルンをも支配しようと魔獣やヴァンパイアをここに送り込んだ。見たくないんだ。もう二度と繰り返したくないんだ。あの、惨事を」
 これまで冷静だったウィンターが急に肩を震わせて、その大きな両手で顔を覆った。
「ウィンター……」
 手首を握りしめ、グレンは優しく声をかける。
「すまない……取り乱した」
 ウィンターは髪をかき上げ、顔を上げた。
「この大陸にはまだ希望がある。それに、テルウィングを救うこともできるかもしれない」
 グレンはウィンターのその言葉に引きつけられた。希望がある?
「良かった明日手を貸そう。魔獣を倒すのだろう?」
「えっ?」
 グレンが驚いて聞き返すと、ウィンターはにやりと笑った。
「それとも」
 少し言葉を句切ってグレンの反応を見る。
「王騎士様にこんなことを申し出るのは失礼かな」
「とんでもないです。でも、ウィンター……」
 あまり危険なことに他の人を巻き込みたくない。だから、部下だって連れてこないのだ。
「私なら心配ない。それに、一度お前の力を見てみたい」
「では、お願いします」
 どうして承諾したのか分からない。だが、ウィンターにはいつも拒否させない何かがある。

 目撃情報を頼りに森の奥に進む。やはり今回も人里から少し離れた場所に棲みついているようだ。
 こちらの気配に気づいたのか、おたけびがした。町の人々が行っていた魔獣に違いない。獅子によく似た容姿をしていると言っていた。聞こえたおたけびはまさしく獅子のそれを彷彿とさせる。
「いた!」
 グレンが確認できたときには、もう魔獣は二人に襲いかかろうとしていた。魔獣はなぜこんなに攻撃的な性格をしているのかとグレンは考えたことがある。だが、ウィンターの言うような戦闘マシーンだとすると、このような振る舞いもごく自然に見えてくる。
「喰らえ!」
 即行で剣を構えると、素速い動きで魔獣に斬りつける。
「金獅子だな」
 ぽつりと言いながら攻撃を交わし、ウィンターはグレンの剣裁きを見た。美しい弧を描く剣は金獅子の動きを確実にとらえ、無駄のない攻め方でその巨体を傷つける。相手が消耗しきったところで、急所を狙って突くと、魔獣は消滅した。
「さすが王騎士様。見事だ。私の助けなどいらないな」
 グレンは息を切らしながらウィンターを見た。すると、ウィンターがにやりと笑いながら言った。
「強い。人間とは思えない」
 どきっとした胸をグレンが押さえる。表情がこわばっている。
 そう。ヴァンパイアに吸血されたあの日から、急に。

次回更新予定日:2015/08/08

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
「どこから?」
 そんなこと考えたこともなかった。ヴァンパイアって突然降って湧いて出てきたような気がしていた。だが、冷静になって考えてみると、そんなはずはない。必ず何か理由があり、どこからかは分からないが、ある場所から来たに違いないのだ。
「テルウィングから、と言ったらお前は信じるか?」
「テルウィング?」
 驚きのあまり目が丸くなる。
「で、でも、テルウィングからムーンホルンに来るにはゲートを通るしかないはず」
 だが、ゲートは120年前から封鎖されている。幾度も繰り返された戦争で傷つき果てた両大陸が互いに存続するために決めたことだ。
「もし、そのゲートの封印が解かれていたとしたら?」
「そんな……」
「ヴァンパイアだけじゃない。魔獣もテルウィングから送られてきている。それに、私だって」
「ウィンターが?」
 頭が完全に混乱してきた。ゲートはムーンホルンとテルウィング、双方から厳重に封印されているはずなのに。その封印は王族にしか解けないはずなのに。
「まさか」
 エストルの言っていたことがふと脳裏をかすめる。まさか国王が。
「魔獣はもともとテルウィングの生物兵器だ。テルウィング王の命で兵力を増強する目的で開発された。そして、その頂点に立つのがヴァンパイアだ」
 グレンはただぽかんと口を開けたまま、ウィンターを見つめていた。
「驚いたか?」
「……」
 驚きで声も出ない。
「120年前の戦争の後、大陸内は混沌と化した。各地で反乱が起き、どうしようもなくなっていた。それを平定するために、当時のテルウィング王は、戦時中に始めた生物兵器の開発を促進し、各地に派遣した。だが、内乱は治まらなかった」
 もうゲートが封鎖されてからテルウィングの情報など途絶えている。グレンは初めて耳にするテルウィングの近い歴史に耳を傾けた。
「そこで、開発されたのがヴァンパイア。人を殺すだけではなく、無力化し、ヴァンパイア化し、そのヴァンパイアとなった人がまた吸血することによって他の人をヴァンパイア化する、実に効率の良い兵器」
 グレンは震え上がった。そのような兵器が、今ムーンホルンに送り込まれているのだ。
「テルウィングの内乱は鎮静化した。だが、そこには人間がほとんど残らなかった。大陸に棲むのは彷徨えるヴァンパイア。わずかに残された人間は大陸の片隅で肩を寄せ合ってヴァンパイアから隠れるようにして生きている。あとは魔力や意志、精神の強かった者だけが意識をもつヴァンパイアとして人間と同じように生きている」

次回更新予定日:2015/08/01

ランキングに参加しています。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
サルニア。ムーンホルンには森が多いが、サルニアもまた、その北側に森を有する町である。広い森は暗くて見通しが悪く、人があまり深部までは近づかないが、ヴァンパイアの出現と時同じくして魔獣が現れるようになった。上の方のクラスのヴァンパイアが召喚しているようなのだが、はっきりとしたことは分からない。ただ、ヴァンパイアが出現するようになってから、様々な種類の魔獣が現れるようになったことは確かだ。
 魔獣は普通の冒険者でも簡単に倒せるようなものが大半で、近年は森にばかりではなく、街道などにも現れるようになった。だが、まれに明らかに格の違う魔獣がよく確認されるようになってきた。幸い強い魔獣ほど人の通らないような場所に生息してはいるのだが、森に用があって入った人が襲われたなどという話は絶えない。そのような一般の冒険者の手には負えないような大物の魔獣の討伐はやはり王騎士が受け持つ。
 日も暮れたので、とりあえず酒場で情報収集することにする。今回は一人で来た。グレンはあまり他の人を危険に晒したくないという気持ちが強いので、極力一人で行動するようにしている。どうしても必要なときだけ最低限の部下を率いて現場に向かう。
「いらっしゃいませ」
 扉を開けると、店主の声と同時に目に知った顔が飛び込んできて、思わずそちらの方に気が行く。
「やあ、待っていた」
「ウィンター?」
 まっすぐウィンターの座っている隅のテーブルに向かい、グレンは尋ねる。
「どうしてここに?」
「だから。待っていたって言っただろう」
「どういうことですか?」
 グレンは分からなくなって少しいらだった声で言いながら、勝手に向かいにあった椅子に腰かける。客が多く、後ろからざわざわと話し声が聞こえる。かなり賑わっていてうるさい。
「そうだな。まあ、何か飲めよ。話はもっと客が騒ぎ出してからの方がいい」
 すでに賑やかだが、どの客もまだ始まったばかりだ。時間が経つにつれ、さらに活気づくことは間違いないだろう。ウィンターのことだ。きっと話すことといえば。
「あまり他の人には聞かれない方がいい話なのですね」
 声をひそめて、グレンが確認する。隅のテーブルでなければ、声がかき消されそうだ。ウィンターは黙ってうなずいた。仕方なくグレンは手を挙げて言われたとおり飲み物を注文しようと試みる。目は合ったのだが、店は大盛況で忙しくてなかなか来てもらえそうにもない。代わりに店の人は他の客の注文を取りながら、ちょっと待ってください、あとで行きます、とばかりにうなずく。
「グレン、ヴァンパイアはどこから来たのかとか考えてことはあるか?」
 やっと注文していた飲み物が来て、ゆっくり半分くらい空けた頃には、もう店の賑わいもピークに入りかけていた。

次回更新予定日:2015/07/25

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
HOME |

忍者ブログ [PR]