ヴィリジアン 第3章 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
相当進んだような気がする。突如広い空間が目の前に現れた。今までずっと一本道だったので、何だか異様だ。
 来た一本道の正面に空洞があった。ちょうど来た道に続く空洞と同じくらいの大きさだ。ここが最深部だろうか。グレンは気を引き締め、剣を構え、その空洞に入った。すると、部屋の中央付近に人影があった。
「魔剣を探しに来たのか?」
 構えていた剣に力を込めようとしたそのとき、聞き覚えのある声がした。
「ウィンター?」
「魔剣ならもうここにはない」
「何ですって?」
 グレンはウィンターの方に走っていった。ウィンターが腰を下ろしていた部屋の中央付近には二重の円が描かれている場所があった。円と円の間に古代文字が記されている。「魔剣ヴィリジアンここにあり」。グレンは屈んで文字に魔力を注いでみた。洞窟に刻み込まれていただけの文字が光を帯び、金色に輝いて消えた。間違いない。
「そう。魔剣はここに封印されていた」
「ウィンター」
 グレンは静かに抑揚のない口調で話すウィンターを見つめた。
「なぜあなたは魔剣のことを知っているのですか? そもそもなぜこんな危険な洞窟に」
「魔剣がここにないことをお前に伝えるためだ。探しているのだろう?」
 そのとおりだが。
「なぜ、魔剣がここにないことを知っているんですか?」
 グレンの口調からも抑揚が失われてきた。静かに探るようにウィンターに尋ねた。
「以前ここに来たことがあるからだ」
「あなたは知っていたのですか? 魔剣がヴァンパイアの手に渡ると危険だということを」
「ヴァンパイアの手に渡ると危険な魔剣もある、ということは知っている」
 魔剣といっても一様に危険、ということではないということか。いずれにしても、ウィンターも自分と同じ目的でこの洞窟に来たことがあるということだ。
「どのような魔剣が危険か分かるんですか?」
 ウィンターは首を横に振った。
「魔剣に秘められた力は様々だ。それをどのように引き出すかは使い手次第だ。ただ一つ言えるのは」
 ウィンターは複雑な表情をした。
「魔剣の力は魔力によって引き出される。そして、上級ヴァンパイアは強大な魔力を持っている」
 グレンは不安になった。もしすでにここにあった魔剣がヴァンパイアに渡っていたら。ここに棲んでいると言われていたドラゴンの姿もない。ドラゴンを倒せる程度の力を持ったヴァンパイアがドラゴンを倒して魔剣を持ち去ったという可能性は大いにありうる。最悪のシナリオに考えを巡らせていると、ウィンターにぽんと背中を叩かれた。
「帰ろう。ここにもう用はないだろう?」
 確かに魔剣がないなら、もうここに用はない。
「そうですね。帰りましょう」
 気分が晴れないまま、ウィンターと出口を目指した。

次回更新予定日:2015/10/03

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
PR
マスターが荷物を運ぶのを手伝ってくれた。大して荷物は多くないが、結構な距離を歩いてきた後なので、ありがたい。
 下に降りると、早速マスターが飲み物を用意してくれた。一口飲むと、喉を通る冷たい感触が心地よかった。そんな暑くはなかったが、荒野に吹く空っ風のせいで喉が渇いていたのだろう。
「冒険者かい?」
 カウンターの一席空いたところに座っていた唯一の客が話しかけてきた。
「そうです」
 王騎士であると答えても良かったが、冒険者として情報を聞いた方がいいと思い、訂正しなかった。
「お前さんもあの洞窟狙いか」
「ええ。何か噂とか聞いたことありますか?」
「あそこはやめとけ。魔物がうじゃうじゃしていて、先に進めないって話だ。生きて還ってきた奴らはみんな入ってすぐにやばいと思って引き返してきた熟練冒険者だ。お前さんみたいな若い冒険者は無茶をするからいかん」
「誰も、奥に何があるか見たことはないのですか?」
「ドラゴンが棲んでいるという言い伝えがあってな。ドラゴンがいるなら、そううかつには近づけないだろうってことで、昔、魔剣を封じたっていうな。まあ、でも。そこまで辿り着いて還ってきた奴がいないんじゃあ、確かめようがないがなあ」
「そう、ですか」
 厄介そうな洞窟だ。ドラゴン以上に魔物がうじゃうじゃしているというのが面倒だ。部下を連れてきた方が良かっただろうか。仕方ない。魔法か剣技で蹴散らすか。
 夜になり、客もぽつぽつ増えたが、それ以上の情報は得られなかった。
「無茶するなよ」
 翌朝、マスターにそう言って送り出された。冒険者だったら、素直に従っただろう。だが、グレンは引き返せない。奥まで行って魔剣を拝まなければならない。しかも連れ出すか破壊するかという任務が待っている。
「さあ、行こうか」
 グレンは相棒の剣に声をかけた。
 町を出ると、朝焼けが地平線にくっきり見えた。きれいな景色だ。洞窟に入ってしまえば、しばらく日の光は浴びられない。

 すうっと剣を一振りすると、その軌跡に光が現れ、魔物たちがどっさりと斃れる。入口付近は小型のこうもりのような魔物が多かったが、少し奥に進むと手強い敵が多くなってきた。その代わり、出現する個体数は激減した。この調子なら思ったほどの消耗はなさそうだ。

次回更新予定日:2015/09/26

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
ソードは納得したようにうなずいた。
「確かに。パイヤンのことは私に任せろ」
 凛とした表情で言われて、グレンの口元が少しほころぶ。
「無茶はしないでね」
 先ほどまで傷ついていた手首を握りしめ、グレンはソードの部屋から出た。廊下を曲がり、自室に向かおうとすると、途中でエストルに会った。
「またソードの部屋にいたのか?」
 平静な中にもいらだちが見える。
「怪我の治療をしていたんだ」
 さらりと言って通り過ぎようとすると、エストルがぎゅっと手首をつかんだ。グレンは驚いて立ち止まった。すると、握った手の力が急速に緩み、優しく柔らかな感触に変わる。
「魔剣の任務、あれは危険だ」
 険しい口調で言うエストルの表情が気になって、グレンは振り返った。
「気をつけて行ってきてくれ」
 エストルはグレンの返事を待たずに去っていった。
 報告会の前にセレストと打ち合わせをした。そのとき、魔剣の捜索をグレンに任せようとセレストが言った。誰一人として生還しない洞窟。いくら王騎士といえども、同じ人間だ。危険であることには変わりはない。エストルはグレンを行かせたくなかった。だが、何もできなかった。非力な自分のできる唯一の償い。言葉をかけること。
「これが一国の宰相だなんて。情けない」
 エストルは自嘲しながら自室に戻った。

 エリーに着いた。エリーは荒野の中にぽつんとある寂れた町だった。人影もまばらで砂をまき散らす風の音がよく聞こえる。夕暮れ時で地平線が少ない建物の間から見え、沈んでいく日がきれいに見えた。
「こんにちは」
 この町で唯一の酒場兼宿屋らしき建物に入る。
「いらっしゃい」
 カウンターとテーブル席が三席。こじんまりとした酒場だ。奥にある階段を上ればおそらく泊まれる部屋があるのだろう。
「何にしますか?」
「何か冷たい飲み物を。それと」
 グレンは中年の気さくそうなマスターに頼んだ。
「今晩泊めてもらいたいのですが」
「そうかい。荷物先に部屋に運ぼうか。どの部屋がいい?」
 マスターの口振りからして、どの部屋でも空いていそうな感じだ。まあこのような町に泊まるのは行商人と物好きな冒険者くらいだろう。

次回更新予定日:2015/09/19

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
今、上級ヴァンパイアと戦ったらどうなるのだろう。グレンは漠然と考えた。あのときとは比べものにならないほどの力を手に入れた。少しは歯が立つようになったのだろうか。いずれにしても魔剣の存在は危険だ。
「グレン、お前の実力を持ってすれば、魔剣に到達できるだろう。魔剣を城に持ち帰るか、それが困難な場合には破壊してしまってもかまわない。とにかく魔剣がヴァンパイアに渡らないようにするのだ」
 玉座の傍らに控えるエストルは目を閉じたままセレストの言葉を聞いている。
「はっ」
 グレンは恭しく頭を下げた。誰も生還できない洞窟。何が潜んでいるのか。王騎士ならばその障壁を乗り越えられるだろうか。とにかくこの目で確かめてみなければ。

「大丈夫?」
「ああ」
 部屋に入ると、貸していた肩からソードを降ろし、ベッドに横たわらせた。手をかざすと、大きく包み込むように柔らかい光が溢れ出した。ソードは静かに目を閉じた。傷がみるみるうちに塞がっていき、全身に力がみなぎる。光はグレンの手のひらに吸い込まれるように消えていった。
「さすがだな」
 淡い笑みを口元に浮かべてソードが言う。
「何人宮廷治癒士が束になってもあれで限界だったのに」
 グレンはにっこり笑った。こういうとき、魔力を授けてもらって良かったと思う。
「魔剣……か」
 次の仕事のことを漠然と考えながらグレンは呟いた。
「もう封印されてかなりの年月が経つが、その姿を見たという話は聞かないな。ドラゴンが巣くっていて近づけないという噂もあるが」
 洞窟のような暗くて人が近づかないような空間なら他の魔物も棲みついているだろう。腕の立つ冒険者でなければ、そのドラゴンまで辿り着くことさえ困難に違いない。
「そういえば、パイヤンのことだが」
 思い出したようにソードが切り出した。
「他に何か聞いていないか?」
「いや。僕が聞いたのはさっき話した噂だけだ。ただ、近くに魔物の集まっている場所とかがあるのなら、そこだけでも一掃できないかと思って」
 ウィンターからの情報はもちろん伏せる。

次回更新予定日:2015/09/12

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
「パイヤンで?」
 セレストは顔をしかめた。
「はい。単なる噂かもしれませんが、気になります。私を調査に派遣していただけないでしょうか?」
「なるほど」
 セレストは静かに何かを考えている様子だった。傍らでエストルがじっとその表情を観察している。
「確かに気になるな。よかろう。調査に向かわせよう。ただし。お前ではなく、ソード、お前が行け」
 呆然とした表情でグレンはソードを見た。
「御意」
 ソードは平然と頭を下げた。
 やはりソードはセレストにとって特別な存在だ。信頼が他の王騎士と比べものにならない。
「グレン、実はお前にはやってもらいたいことがある」
 まだ気持ちの整理が終わっていないグレンにセレストは容赦ない。
「エリーに行ってもらいたいのだ」
 エリー。パイヤンとは逆の南にある町だ。
「エリーの近くに洞窟があり、その地中深くに魔剣が封印されているという話は聞いたことがあるだろう」
 グレンは思考をたどった。
「はい……確か何人もの猛者が挑んだのですが、洞窟には魔物が多く棲みついていて、誰一人として生きて還った者はいないという」
「そうだ。だが、その魔剣、ヴァンパイアが手にすると、その力を強化する可能性がある」
「何ですって?」
 グレンよりも先にソフィアが叫んだ。
「実は、ミスグンドにいにしえから伝わる魔剣があるのだが、その魔剣を手にしたヴァンパイアに出会った。おそらく村人だった者だろう。大した強さのヴァンパイアでもなく、魔剣の魔力も、私の見た感じでは弱かった」
 ソードが淡々と説明しているのにグレンは聞き入った。ソードは王騎士の中でも魔術を最も得意とし、持っている魔力も、魔力を感じる力も群を抜いている。
「だが、上級ヴァンパイア並みの強さだった。何とか魔剣を破壊し事なきを得たが……もし同種のより強力な魔剣が上級ヴァンパイアに渡れば……」
 王騎士三人で束になって戦えば勝機はあるだろうか。しかし、グレンはすぐに上級ヴァンパイアと戦ったときのことを思い出して首を振った。人間が何人束になってかかっても無駄なのだ。ソード並みの力を持った人が三人いれば倒せるかもしれない。だが、上級ヴァンパイアの相手を務めることができるのは今のところソードただ一人だ。あるいは。

次回更新予定日:2015/09/05

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
HOME | 1  2 

忍者ブログ [PR]