ヴィリジアン 第12章 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
「一度手合わせしてみたいと思った。テルウィングの剣技を見てみたい」
「ずるいよ、エストル。僕だってまだウィンターに相手してもらったことないのに」
 すると、ウィンターが笑い出した。
「全く。一国の宰相とは思えない発現だな」
「エストル強いんだよ。宰相にならなかったら、王騎士になっていたと思う」
「冗談はよせ。お前がいる限りは王騎士になどなれん」
 ウィンターは楽しそうに笑っている。
「ところで、ウィンターって剣技だけじゃなくて魔術もすごく強いよね。どこで教わったの?」
 湯が沸くのを待ちながら、グレンが尋ねる。
「私は魔術師の一族に生まれた。だから、魔術は祖父や父から教わった。だが、どうしたことか、学校で習った剣術が面白くて、自警団の事務所に行っては教えてもらっていた。私はそっちの方が性に合っていたらしい」
 ウィンターは苦笑した。
「ヴァンパイアから逃げた後は、そのときヴァンパイアを追って村に来た剣士にお願いして剣術を教わった。ある程度力がついたら、あとはその剣士について回って実戦で鍛えた。そのあとは自己流だな」
 エストルがテルウィングの剣技についてあれこれ聞いているうちに湯が沸いた。グレンは茶を淹れた。
「慣れた手つきだな。頼めば運んできてくれる者がいるのではないのか?」
 ウィンターが不思議そうに尋ねる。
「そうだね。でも、いちいち頼むの面倒くさいし」
 グレンはカップを置いた。
「そうそう。エストルの淹れるお茶すごくおいしいんだよ」
「あなたも自分で茶を淹れるのか?」
 テルウィングの常識で考えると、それはないような気がして驚いた。地方の貴族でさえ何でも使用人にしてもらっていた。
「士官学校にいた頃は全部自分でしなければならなかったから、それに慣れてしまっていて。自分でできることはついつい自分でしてしまう」
 最初の頃は耳にたこができるほど使用人たちに「何でも遠慮なくお申しつけください」と言われた。
「お茶、エストルに頼めば良かった」
「宰相に茶を淹れさせる気か?」
「だって、いつも淹れてくれてるじゃない」
「それはお前が私の部屋に来たときの話だろう」
「そうでした」
 とほほとグレンは頭をかきながら座った。

次回更新予定日:2017/07/01

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
PR
「もう何ともないのか?」
「うん。過ぎてしまえば何ともなくなるんだ。体力を消耗するから疲れは残るけど」
「そうか」
 エストルはグレンの手を引いてベッドの前まで連れてくると、そのまま横たわらせた。
「あまり無理はしないでくれ」
 そう言うと、エストルは先ほど書類を片づけたのと同じようにてきぱきとグレンが使ったタオルを洗って絞り、床についた血をふきだした。何をやっても無駄な動きがなくて、眺めていると小気味がいい。
「どうかしたのか?」
 グレンの視線にエストルが気づく。
「ううん。手際がいいなと思って」
 グレンにほめられると何でもうれしい。誰にほめられるよりもうれしい。喜びが込み上げてきてエストルは少し照れたように笑った。
 ドアを開けて廊下に落ちた血も素速くふき取ってきれいにタオルを折りたたむ。床に置いたままだった乱れた書類をかがんでそろえると、右腕に抱えた。静かにドアを閉めてエストルは下に置きっ放しだったタオルを左手で拾い上げて持ち帰った。

 グレンはドアを開けると、二人の客を先に通した。
「どうぞ」
「なるほど。グレンらしい部屋だ」
 いちばん最初に入ったウィンターが部屋をぐるりと見回して第一印象を述べた。さっぱりとしてシンプルであまり物がない。よく部屋を空けているから当然といえば当然なのかもしれないが、エストルの本だらけの部屋とは雰囲気が全然違う。
「座らせてもらうぞ」
 エストルが勝手にダイニングテーブルの椅子を引き出して座る。ウィンターも隣の席に腰かけた。
「お茶でいい?」
「ああ」
 二人の客ににっこり微笑んで、グレンは湯を沸かし始めた。
「こうやって二人で話をするのは、仲間に誘って以来だな」
「そうだな。あまり会うわけにもいかなかったからな」
 二人の話を聞いていてグレンは意外そうな顔をした。だが、確かにクレッチやデュランがいたことを考えると、エストルとウィンターがわざわざ危険を冒して接触する必要もなかったのだから、それはむしろ自然なことなのかもしれない。
「信頼する仲間であるにもかかわらず、あなたがどういう人物なのかをよく知らない。クレサックやグレンから話に聞くだけだ」
「私はグレンからも話を聞けなかったからあなた以上に分からないな。ただ、信頼できそうな人物ではあると思った。一度会っただけで。それと」
 エストルはいたずらっぽい笑みを浮かべた。

次回更新予定日:2017/06/24

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
「だから、お願いだから、帰ってくれない?」
「嫌だ」
「へ?」
 エストルではありえないような子どものような言い方で返されてグレンは耳を疑う。驚いていると、エストルはグレンの手を握った。すると、ぴきいんと金属音がして体が急に重くなった。
「う……っ」
 今まで抑えていた苦痛が急に解放されてグレンの体を襲った。
「エストル……君……」
 だが、次の言葉はうめき声になった。
「もう我慢しなくていい。苦しいんだったら思う存分その苦しみを解放すればいい。私はお前が心配だからついていたいだけだ」
 グレンは苦しくて顔を上げることさえできなかった。だが、エストルがぎゅっと手を握りしめると、それにすがるようにありったけの力で握り返してきた。苦痛で歯を食い縛ると指が折れそうになるくらい力が入った。しかし、すぐに手の力が抜けた。苦しくて胸を押さえ体を折る。だが、また激痛が来て体を伸ばす。顔を歪めたままドアに倒れ込むが、呼吸をどのようにしたらいいのか分からない。エストルは手を握り直してグレンの表情を観察した。しばらく顔を見ていると、力が一気に抜けたのが分かった。
「よくがんばったな、グレン」
 拒絶反応は治まったようだった。先ほどよりもだいぶ時間が短くなっている。それでもグレンはびっしょり汗をかいていた。エストルはタオルを持ってきてグレンの汗と血をふいてやった。
「ありがとう」
 かなりの時間差になったが、少し呼吸が整ったところでグレンは礼を言った。先ほどと同じようにエストルからグラスを受け取り、水を飲んだ。
「気がついて、いたんだね」
「ああ」
 返ってきたグラスをエストルはテーブルに置いた。
「顔色が一瞬変わった。それにお前が魔術で苦痛を封じたのも分かった。お前の魔力にわずかな動きがあった」
「鋭いね、エストルは」
 すると、エストルは少し笑った。
「長年のつき合いの成果だ。お前でなければ分からない」
 長年のつき合いがあっても、エストルの鋭さがないと分からない。グレンはそう思ったが、口には出さなかった。

次回更新予定日:2017/06/17

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
「ううん、何でもない」
 これは先ほどと同じ拒絶反応の前触れだ。自室に辿り着くまで持つようにグレンは苦痛を封じながら答えた。
「そうか」
 そう言ってエストルは会議室を出た。入れ替わるように、シャロンがやってくる。
「グレン将軍、これお返しします」
 見ると、グレンがスアで貸した剣だった。
「ありがとうございました」
「少しは役に立ったかな」
「はい。途中、魔物を何体か斬らせていただきました」
 いたずらっぽい表情で答えるシャロンを見ていると、妙な安心感を覚える。
「確かに受け取ったよ」
 にこやかに笑って剣を受け取る。長い間使ってきた剣。やはり手にしっくり来る。
「では、また後ほど」
 シャロンはエストルの真似をして言うと、ソフィアと話をしているクレサックを捕まえて二言三言交わし、部屋を出ていった。
「僕も一回部屋に戻るよ」
「それがいい。私はもう少しここにいる」
 ウィンターがクレサックの方に行くのを見届けて、グレンは二本の剣を持ってそっと部屋を出た。早い足取りで廊下を歩いていく。もう少しで部屋に着く。そう思って角を曲がると、部屋の前に書類を手にしたままのエストルが立っていた。
「どうして、ここに? 執務室に戻ったんじゃなかったの?」
 そう口にした瞬間、何かが込み上げてきた。グレンはとっさに血が逆流してきたのだと察し、口を押さえて吐き出しそうになった血を飲み込んだが、飲み込めきれなかった血が手からぽたぽたと滴り落ちた。
「グレン!」
 エストルは書類を乱暴に床に置き、グレンの腰から鍵を外し、ドアを開けて自分の体ごと中に押し込んだ。ドアを閉めると、グレンは閉めたばかりのドアに寄りかかるようにして座り込み、また吐き出しそうになった血を飲み込んだ。もうそれ以上血は逆流してこなかったが、無理に飲み込んだせいか、少し呼吸が乱れている。
「ありがとう、エストル。もういいよ」
「良くないだろ」
 エストルが一喝すると、グレンは弱々しい笑みを浮かべて言った。
「こんなところ、他の人に見られたくないんだ」
 エストルは押し黙った。

次回更新予定日:2017/06/10

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
「私は新たな拠点はパイヤンなのではないかとにらんでいる。パイヤンを拠点にする理由は十二分にある」
 パイヤンはテルウィングとの行き来が最もしやすい場所。セレストの命とあれば、結界を自由に張ることもできる。他にも町の中がどのような状況になっているか分からない以上、敵に有利に働く要素を多分に含んでいる可能性が高い。
「では、パイヤンに参ります」
 ソフィアが毅然と言い放つと、エストルも真剣な表情でうなずいた。
「しっかり準備をしていくように」
 最後に、エストルは部隊長に告げた。
「各部隊でどのように情報を伝えるかは各部隊長に一任する。何もなければ以上で終わる」
 部隊長たちは席を立ったが、すぐには部屋を出なかった。何となく部屋の隅に集まってどのように対応するか話し合っている。
 エストルが書類を片づけていると、ウィンターが声をかけてきた。
「エストル、この後の予定は?」
「クレサックには先ほど伝えたのだが、夕食は今晩はみんなでと思って用意させている。無論、私が勝手に決めたことなので、休みたい者は部屋でゆっくりしてもらっていい」
「その後は空いているか?」
「ああ。空いている」
「一度あなたとゆっくり話がしてみたかったんだ」
 すると、エストルがにやりと笑った。
「奇遇だな。私もそう思っていたところだ」
「だったら、僕の部屋に来ない?」
 後ろからひょいとグレンが顔をのぞかせる。
「お前は早く休んだ方がいいのではないか?」
 心配してエストルが言う。まだ体が回復しきっていないはずだ。
「疲れたら先に横にならせてもらうよ」
「お前がそう言うなら」
「いいでしょ、ウィンター」
「分かった」
 やれやれといった表情でウィンターとエストルが顔を見合わせる。
「では、また後ほど」
 エストルはてきぱきと残っていた書類を重ねてそろえた。いつもながら手際がいいと見取れていると、どくん、と胸が異常な鼓動を打った。
「どうかしたのか、グレン?」
 エストルが急に顔を上げてグレンに聞いた。書類に集中していたとばかり思っていたのに。

次回更新予定日:2017/06/03

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
HOME | 1  2 

忍者ブログ [PR]