魔珠 第1章 魔珠担当官(11) 妹弟子 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『魔珠』を連載しています。 前作『ヴィリジアン』も公開しています。
Admin / Write
舞踏会の翌日は休日だった。スイは平日であろうと休日であろうと毎朝六時頃に起きて剣を持って中庭に行き、一汗かくまで剣を振るう。小さい頃からの習慣なので、何となくこれを飛ばすと、調子が出ない。
 エミリとの手合わせの約束をしたので、今日は軽めに済ませた。
 朝食を取り、少しのんびり読書などをして九時前に家を出た。
 クラウス邸に着くと、キリトとエミリが待っていた。
「やっぱりローブかよ」
「当然だ。何か不満でもあるのか?」
 からかいに来るキリトをさらりと交わす。
 早速中庭に招かれ、エミリと手合わせする。
「行きますよ」
 勢いよくエミリがかかってくる。交わすという選択肢もありだったが、いちおう上達したか見るという面目でやっているので、最初の一撃は受け止めてみることにした。
「なるほど。上達しているな」
 前にセイラム邸で練習につき合ったときとは比べものにならないほど攻撃が重い。力の使い方が格段にうまくなっている。スイは嬉しそうな顔でエミリの剣を払った。エミリはひらりと宙返りして元の位置に戻った。褒められたのが嬉しかったのだろう。一瞬、笑顔を浮かべたが、すぐにきりっとした表情に戻って素速く距離を詰めてくる。スイも今回は待たずに自分から出ていった。剣と剣が交差し、金属音が響き渡る。エミリがすっと力を抜いて次の攻撃に移ろうとした隙を突いて、スイが猛スピードで仕掛けてくる。エミリは舞うように攻撃を交わしながら、反撃の機会をうかがった。
 今だと思って真っ直ぐ剣を振るうと、スイもエミリと同じような軌跡で身を交わす。セイラムから習った同じ型で二人が繰り広げる手合わせは、外から見ていると芸術的といってもいいくらい美しく、キリトの口から感嘆の声がこぼれた。
 セイラムの型は、無駄がない上、余裕がある動きで、体を動かしているだけで心地よい。そんなセイラムの型に慣れ親しんだ者同士で行う手合わせには、軽快なリズムのようなものができてくる。
 この感じ。
 スイは昨夜のダンスを思い出す。他の人とでは感じられない心地よさ。自然にぴったりと合う息。
「もらった!」
 集中力が少し途切れているのをエミリが鋭く察知し、透かさず強烈な攻撃を仕掛けてきた。
 スイは反射的に大きな振りでエミリの攻撃をはねのけた。ひときわ鋭い金属音が鳴り響き、エミリが姿勢を大きく崩す。次の瞬間、スイの剣先はエミリの喉元を指していた。エミリが有利な時間帯もあったように見えたが、これで勝負ありだ。
「まだまだか」
 スイが剣を引っ込めると、エミリは静かに立ち上がった。スイはにっこりと笑った。
「でも、上達している。気を抜いたらやられそうだ」
「本当ですか? 良かった」
 お褒めの言葉をもらったエミリは本当に嬉しそうだ。
「ところで、エミリ」
 スイは気になっていたことをぶつけてみた。
「ダンスは父に教えてもらったのか?」
「はい。先生と奥様にも。先生にはよく練習相手になっていただきました」
「道理で踊りやすいわけだ」
 スイもダンスはセイラムに教わった。練習相手は母のクレアにしてもらった。真似して何度も練習した動作は体に染みついている。
「また相手してくださいね」
「ダンスか?」
「手合わせに決まっているじゃないですか」
 思ったとおりの答えが返ってきて、スイは苦笑した。
「たまにはダンスの相手もさせてくれ。体が思ったとおりに動かせて気持ちがいいんだ」
「では、ダンスの方もぜひ」
 二人で話していると、ずっと手合わせを芝生に座って見ていたキリトが剣を持って立ち上がった。
「エミリ、いくら何でもあんなに上達してないだろう。スイ、お前、デスクワークばっかりで体なまってるんじゃないのか?」
 キリトは不敵な笑みを浮かべた。
「俺が確かめてやる。来い」
 やれやれといった顔をしてスイも剣を構えた。小気味いい金属音が鳴り響く。

次回更新予定日:2018/10/20

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 191  190  189  188  187  186  185  184  183  182  181 
プロフィール
HN:
千月志保
性別:
非公開
P R
フリーエリア

忍者ブログ [PR]