ヴィリジアン 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
すると、顔面蒼白になっているグレンに追い打ちをかけるようにソードは答えた。
「上級ヴァンパイアだからだ。私が」
「何、だと?」
 先ほどまでの快進撃が嘘のような苦しそうな表情でウィンターがつぶやく。ソードは不気味な笑みを口元にたたえる。
「開発に失敗したマスターヴァンパイア〈004〉。その核をヴァンパイアに埋め込んだらどうなるのか。何体かのヴァンパイアで試した。そのまま消滅する者もいたが、何体かは強力な力を得た。魔力や戦闘能力が飛躍的に向上し、マスターヴァンパイアには及ばないものの、それに匹敵する強さが得られることが分かった」
「まさか、お前……」
「そう。私はテルウィング王にその核を埋め込んで欲しいと申し出た。必ずや陛下のお役に立ちます、と」
「ソード、お前、なんてことを」
 激しい怒りが込み上げてくる。だが、それがソードに向けられた怒りなのかウィンターには分からなかった。
「人間であることを捨て、挙げ句の果てに生物兵器になるなんて」
 悔し涙があふれてきて、ようやく気づく。
「私のせいだ。全て、私のせい」
 怒りの矛先は自分に向けられていた。最初からずっと自分に向けられていた。ソードが上級ヴァンパイアになったことを知ってもその思いは変わらなかった。

「陛下!」
 目が開いた瞬間、エストルは声を上げた。
「へ……陛下?」
 セレストは聞き慣れない響きの言葉にとまどっている。エストルは状況をすぐに把握し、脳内で修正した。いくつかの確認と説明をしなければならない。口を開こうとすると、セレストに先行される。
「お前は……エストル? エストルなのか?」
 確かにエストルの顔だ。だが、セレストの知っているエストルよりもたくましく、大人びている。
「そうです。陛下はムーンホルン国王セレスト陛下、そして私は陛下にお仕えする宰相エストルです」
「そんな……何かの間違いだ。私は王太子。国王は父上だ。それに、エストル。宰相はお前の父君が」
 困惑した様子のセレストの言葉を静めるようにエストルは落ち着いた口調で聞いた。
「陛下。陛下は今お目覚めになりましたね。お目覚めになる前、何をされていましたか?」

次回更新予定日:2018/04/28

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
PR
グレンは何か言いかけて飲み込んだ。涙があふれてきたが、もう言葉にはできなかった。
 強くなるための揺るぎない信念。
 どれだけ強い力を手に入れても、もうエルを守ることはできない。その事実を受け入れることができないほどソードの悲しみは深いということだろう。ショックで時間がそこで止まったままなのだろう。
 力があれば。
 それしか考えられなかったのだろう。だから、がむしゃらに力を求めた。強くなることだけを考えて日々を過ごした。きっとそうすることでしか乗り越えられなかったのだ。
「ソード」
 つぶやくと、視界にくっきりと青い一筋の光が赤い光を真っ二つに切り裂き、消滅させる光景が入った。グレンは目を疑った。明らかにウィンターの魔力の限界を超えた一撃だ。
「倒す。必ずお前は私が倒す!」
 そのまま閃光を飛ばしながらウィンターは突進していった。体のあちらこちらに飛びかかり、全身を傷だらけにしていくソードの魔法など物ともしない勢いだ。
「何?」
 ソードもウィンターの予想外の魔力に驚きをあらわにした。だが、すぐに攻撃することをやめ、無抵抗でウィンターを迎えた。
「絶望するが良い」
 ソードがそう言い放ったのとウィンターが剣をソードの胸に突き立てたのは、ほぼ同時だった。
 金属が何かにぶつかる音がして、剣は胸を貫くことなく止まった。
「どういう、ことだ?」
 ソードは人間ではない。ヴァンパイアだ。だが、ヴァンパイアであっても、人間と同じように心臓を貫くことはできる。そして、心臓を貫けば、消滅するはず。
 ウィンターはソードの顔を見た。
 笑っている。
 余裕の笑みを浮かべている。
 ウィンターは先しか刺さっていない剣を抜いた。すると、抜いた場所から赤い光が漏れた。
「まさか」
 ウィンターは今まで感じていなかった傷の痛みが急に一気に来てその場にくずおれた。
 ソードの笑みは完全に勝ち誇った笑いに変わった。
「そんな……カーマ、ナイト?」
 見覚えがある。あの輝きはカーマナイトの核だ。
「どうして? ヴァンパイア化はしたけど、元々君は人間。カーマナイトの核を持つのは、上級ヴァンパイア。生物兵器の上級ヴァンパイアだけのはずなのに、どうして」

次回更新予定日:2018/04/21
 
ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
「なんで……兄弟なのに戦わないといけないの?」
 ただただ悲しくなってグレンはつぶやく。だが、兄の方も弟の方もグレンを慰めてはくれなかった。刺さるような冷たい眼差しで一瞥すると、ウィンターは切り出した。
「言ったはずだ。強くなるには揺るぎない信念が必要だと。ソードは無口で心を通わせることのできるような友人もいなかった。そんな中でエルだけがソードになついていた。エルは誰にでも明るくて優しい子だった。ソードがエルが大好きだった。ヴァンパイアになった母がエルを襲おうとしたとき、何のためらいもなく母に魔法をぶつけるくらい」
「お母さんに……魔法を?」
 ヴァンパイアになった実の母。当時は元に戻す方法など知られていなかったから、もう母の姿をしたヴァンパイアでしかない。それでも一瞬の迷いもなく、母だった者を殺すことができるだろうか。グレンは自分にはとても無理だと思った。
「私はためらった。その結果、母がエルに噛みついて、エルは死んだ。
 ウィンターが静かにうつむく。すると、ソードは激しい怒りをあらわにした。
「もっと力があれば。エルは今も私たちを恨んでいるに違いない。私は強くなることでしかエルに償えない。ならば」
 ソードの目に狂気じみたものが浮かぶ。広げた左手には赤い光が現れて渦巻きながら巨大化していく。
「力を手に入れる! ヴァンパイアよりも誰よりも強い力を手に入れて、この世界の全ての存在からエルを守ってみせる」
 光をウィンター目がけてぶつけてくる。ウィンターも魔法を繰り出してぶつけていく。二つの光が接触して大きな爆音を立て、二人とも爆風に吹き飛ばされて体を強打した。
「エルは、もういない」
 唇の血をぬぐいながらウィンターがつぶやくと、ソードは激怒した。
「うるさい!」
 怒りに任せた光弾が飛んでくる。どの攻撃も威力は充分で、ウィンターの手足をかすめていったが、いつもの精彩を欠くとグレンは思った。いつもの冷静さがないからかもしれない。
 ウィンターは傷だらけになってその場にくずおれたが、腕を支えにしてゆっくりと体を起こして立ち上がった。
「やはり、お前はエルの死を受け入れることはできないのだな」
 ソードは答えなかった。ただ表情が一層険しくなっただけだった。
「そして、そのゲートに通じる道を譲る気もない。そうだな?」
 すると、ソードはわずかに嘲笑を浮かべた。
「道を譲る気はない。お前たちを倒して、私の力をエルに見てもらう」
「いいだろう。ならば、答えはこうだ!」
 ウィンターは傷の痛みで重くなった体にむち打ち、地を蹴った。宙に体を放り出すと、剣を大きく振りかざし、美しく伸びる青白い閃光をすっと一直線にソードに飛ばした。ソードも魔法を放ち、応戦した。

次回更新予定日:2018/04/14
 
ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
「そんなことが……」
 驚いたままのウィンターにセージは続ける。
「そして、ヴァンパイアに噛まれてもなお意識を保った者は、人間離れした力を得る。あいつの素速さ、力、魔力、全てヴァンパイアに噛まれて得た力だ」
 ウィンターの横でソードがその話に聞き入っていた。
 ソードはその後、村に帰り、それまで以上に剣術や魔術の鍛錬に明け暮れた。
 そして、ある日突然姿を消した。

「私は王都に向かい、兵士になった。そして、とうとうマスターヴァンパイアと接触することに成功した」
「ソード、まさか……」
 ソードは青ざめたグレンをあざ笑うように言った。
「マスターヴァンパイアは喜んで良質の魔力を持つ私の血をすすってくれた。ウィンターほど恵まれてはいなかったが、ちゃんと一族の血は受け継いでいたらしい」
「そんな。なんでそんなことを」
「恨んでいたのだ。力がなくて妹を救えなかった自分と、力があったのに妹を救わなかった私を」
 目の前に立っていたウィンターが先に口を開く。すると、ソードも何もかも捨てきってしまって空っぽになったすがすがしいくらいの表情でうなずいた。
「妹を、エルを救えなかったのは、私に力がなかったからだ。だが、確かに、あのときお前が母をためらわずにすぐに刺していれば、エルが死ぬことはなかった」
「だから、私がお前を倒す。私がこうしてしまった、お前を!」
 ウィンターは思い切った力で閃光を飛ばした。ソードは避けようとしたが、避けきらず右腕に一本の赤い線の切り傷ができて、そこから血がにじんだ。そんなことは構わず、ソードはすぐに仕掛ける。
「受け取れ。これがエルの怒りだ!」
 ソードがその強大な魔力を光の球にしてウィンターにぶつける。
「エルの怒りなら」
 つぶやくと、ウィンターはその攻撃を避けず、結界を張って対抗した。光の威力にウィンターは少しずつ押されていたが、歯を食い縛って耐え、勢いを着実に削いでいった。このまましばらく持ちこたえれば攻撃を跳ね飛ばすこともできる。そう思ってがんばった。しかし、ソードの魔力の方が勝っていた。ウィンターがその力強さに耐えきれず、腕の力を持って行かれた瞬間、結界が砕け散り、ソードの攻撃に吹き飛ばされ、地に放り出され、背中を強打した。
「やめて!」
 双方とも本気だった。慈悲をかけて手加減しているような素振りは全く見せない。本気で倒しにかかっている。

次回更新予定日:2018/04/07

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
「それはヴァンパイアに吸血されて、ソードがヴァンパイアになったから? ヴァンパイアになったって弟は弟、ソードはソードでしょ?」
「吸血されたのではない。吸血させたのだ」
 吸血、させた?
 グレンは呆然とした。
「ソードは……小さい頃、ヴァンパイアに吸血されたんじゃ……」
「私たちの住んでいた村はヴァンパイアに襲われた。私たち兄弟はヴァンパイアを追っていた剣士に助けられて結界に守られた村で暮らすことになった。村には同じような境遇の人たちが集まって暮らしていた。私たちはそこで剣や魔術を教えてもらいながら過ごした。腕が立つようになると、私たちも剣士たちの手伝いをするようになった」

 村で暮らしていた腕に覚えのある剣士や魔術師は、ヴァンパイアに襲われた町や村から人間を救って結界を張った集落に保護したり、いくつかある集落の様子を見に行ったり、他の集落の剣士や魔術師たちと情報交換をしたりしていた。
 ウィンターとソードは二人を助けてくれたセージというなの剣士と得た情報を元にヴァンパイアを追っていた。そして、近くの村でヴァンパイアが目撃されたという情報を得て、早急に村に向かった。そのとき、一人の男に出会った。男は眼光鋭く、体格も良かったが、それ以上に走るスピード、何人ものヴァンパイアを一気に吹き飛ばす魔力、どれを取っても人間離れしているように思えた。
「久しぶりだな、セージ」
 男はセージに声をかけた。セージの知り合いだと分かり、ウィンターは少なからず驚いたが、男の剣裁きに見とれていたソードに襲いかかったきたヴァンパイアに気づくと、すぐに剣で斬りつけた。
「お前も情報を聞きつけて来たのか?」
 ヴァンパイアを斬りつけながらセージが聞いた。
 ほどなく周りにいたヴァンパイアは片づいた。四人は村の無事と、ヴァンパイアが近くに残っていないことを確かめた。
「じゃあな。また。お前たちも元気でな」
 短い挨拶を交わし、男と別れた。後ろ姿を見送りながらウィンターはつぶやく。
「あの人、すごいですね」
 すると、セージが言った。
「あいつは昔から強い冒険者だった。宮廷に剣士として仕えていたなんて噂もあったが、本当かどうかは分からない。ただ、あいつ、ヴァンパイアに噛まれたんだ」
「ヴァンパイアに? でも、ヴァンパイアにもなっていないし、生きているじゃないですか」
「まれにそういうことがあるらしいんだ。あいつの他にも何人か知っている。元から強い精神や魔力を持っている人が多いみたいだ」

次回更新予定日:2018/03/31

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
1  2  3  4  5  6 

忍者ブログ [PR]