魔珠 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『魔珠』を連載しています。 前作『ヴィリジアン』も公開しています。
Admin / Write
アレアの町に着いた。まだメノウたちは到着していない。先に宿を取り、準備をして部屋にこもる。メノウたちが来たら、なるべく部屋から出ないようにしたい。
 一時間半ほどして日が暮れ始めると、メノウが宿屋に到着した。部屋の鍵を受け取ると、そのまま荷物だけ置いてすぐに宿屋から出ていった。町を散策するつもりなのだろう。スイとしても宿屋にいられるよりは尾行の目が外に向いてくれた方がやりやすい。
 メノウは七時頃にまた部屋に戻ったが、散策の途中で買い足した食料を置いてまた外に出た。夕食に行ったのだろう。今晩はもうこの宿に泊まると決まっているのだから、その必要もなさそうなものだが、尾行もまだメノウを追うつもりのようで、宿屋に入っていない。
 三十分ほどして、尾行が宿屋に姿を現した。ここで初めて宿を取り、部屋に入った。二階の階段にいちばん近い部屋だ。階段の横は足音がしてうるさい。一般の宿泊客には人気のない部屋だが、階段は一箇所で、必ずここが通り道になるので、メノウを監視するにはベストポジションだ。
 メノウは九時頃帰ってきた。酒場にでも行って話の合う客を見つけたのだろう。その後、一時間ほどして消灯した。

 寒い朝だった。やはりアレアはクラークよりも暖かくなるのが遅い。
 メノウは宿屋の一階で軽い朝食を取ると、素速く荷物をまとめ、マントを羽織って出ていった。尾行もすぐ後を追う。
 少し間を空けてスイも出発する。尾行を見失わないぎりぎりの距離を歩く。
 この日も旅人がよく出発する時間に宿を出たので、町を出るときは少しは他の旅人もいた。スフィア山脈はまだ雪が溶けた直後で、人通りがそれほど多くない。商人たちが頻繁に行き来し始めるのはもう半月ほど先だ。
 ゆっくりと山道を登っていく。だんだん道が細くなり、傾斜のある場所が増えていく。一時間ほど歩くと、小さな村があって、そこで他の旅人の姿がなくなった。村が最終目的地だったか、もしくは休憩を取るのだろう。メノウはそのままさらに細くなった山道を歩き始めた。しばらくすると、道は針葉樹林に入った。
 見通しは悪いが、尾行する側にとっては好都合である。尾行は少し距離を取って、針葉樹の間に身を隠すように歩きながらメノウをつけた。スイはもう最初から山道から逸れ、針葉樹の間を通り抜けながら、メノウを観察した。
 メノウが不意に脇道に逸れる。この先には小さな集落があった。尾行も脇道に入る。すると、急にメノウが林の方に入っていった。尾行も林に入って見失わないように距離を詰める。
 メノウが走り出す。尾行も後を追って走ったが、メノウはすばしっこく木と木の間を複雑な曲線を描きながら駆け抜けていく。
 気づかれたか。
 このままでは見失う。尾行がそう思ったとき、背後で枝の折れる大きな音がした。振り返ろうとしたが、それよりも先に凄まじい力で首が締めつけられた。目を開けると、銀色の短剣が真っ直ぐこちらを向いている。短剣を握っているのは今まで追いかけていたメノウだ。

次回更新予定日:2018/12/15

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
PR
午前八時過ぎ。メノウはいちばん旅人が出発する時間帯に北門の馬屋から出てきた。横には栗色の毛並みの良い馬を従わせていた。
「いい馬を選んでもらったな」
 スイがぽんぽん叩くと、馬が顔をなすりつけてきた。
「人懐っこい子だね」
 メノウが笑った。
「朝早くから送りに来てくれてありがとね」
 メノウが馬に跨がった。メノウが馬に乗ったのを見上げて確認しながら、スイの目は右手にある馬屋で馬の品定めをしたり、手綱を引っ張って歩いている人を三人ほど捕らえていた。三人ともこの少し肌寒い時期に旅人が愛用する茶色のフード付きマントをすっぽりとかぶっている。そのうちの一人が馬屋の事務所の建物に入ったタイミングを見計らって、スイは言った。
「気をつけて」
 スイはしばらく北西の街道に向かったメノウの姿を追っていたが、姿が見えなくなる前に背を向け、来た道を早足で歩き出した。程なく後方から馬の足音が聞こえてきた。
 順調に尾行されているようだ。
 スイはその足で私邸に戻り、いつも着ている黒いローブを着替えた。最後にやはり旅人御用達の茶色のフード付きマントを羽織った。
「留守を頼む」
 すると、シェリスが扉を開けながら、にこやかに微笑む。
「はい。いってらっしゃいませ、スイ様」
 スイは念のため、いつもより注意して周囲をうかがいながら馬屋まで歩いていった。尾行する者こそ監視されていないか注意を払うべきだと父に叩き込まれている。
「おや、スイ様もお出かけで?」
 顔なじみの馬屋の主人と会話を交わしながら、スイは用紙に記入を済ませた。北門の馬屋は両親の住む屋敷に行くときに利用させてもらっているので、顔も覚えられている。
「この馬にしよう」
 姿を現したとき、いちばん最初にちらっとこちらを見て目が合った馬がいた。神経質な正確なのかと思って観察していたが、その後はずっと平然としている。足もしっかりしている。
 馬屋の主人がタグを確認し、番号を用紙に書いた。手続き完了だ。
 スイも北門から出て、もうとっくに姿は見えなくなっていたが、メノウ、そして尾行が通ったはずの街道を途中まで進んだ。そこからイシスへの街道に入ると、少し速度を上げた。

次回更新予定日:2018/12/08

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
「で、具体的にどうするんだ?」
 聞かれてスイは地図を広げた。
「国内で捕らえようと思う」
「うん。それがいい。何かあったらこちらで何とかできる」
 意図が正確に伝わっていると確認して、スイは頷いた。
「明日出発して、三日目にスフィア山脈の森林地帯で捕らえる」
「スフィア山脈までのルートは?」
「メノウはパヴェで一泊してアレアから登山。私はイシスからアレアに向かう」
 イシスはパヴェより少し北東の位置にある町だ。距離的にはパヴェよりもあるが、イシスには別の街道が通っていて、それなりに土地勘のあり、馬の扱いが得意なすいなら日が暮れるまでに到着することはできるだろう。イシスからアレアまでも街道というほど整備されてはいないものの、馬が一頭難なく通れる程度の道は続いている。
「了解」
 キリトがスイの指先から視線を外して立ち上がる。
「あまり長居しているようだったら迎えに行くからな。無茶はするなよ」
「分かってる。ありがとう」
 価値のある作戦ではあるが、無茶をして生け捕りにしなくても尾行を追い払うだけでもそれなりの成果はある。
 スイは肩の力を抜いて笑顔を返した。

 正午過ぎにスイは私邸に戻った。
「どうだった?」
 待っていたメノウが訊きに来た。
「了承してもらえた。予定どおり行こう」
「分かった。まず確実に追いかけてきてもらうには馬を予約しに行かないとね」
 メノウは追っ手を生け捕りにする気満々だ。
 クラークは王都なので、当然行き来する旅人も多い。馬屋は北門、西門、南門の三箇所にあり、敷地も広く、馬の数も多い。予約をしなくても借りられる馬がない、ということはないが、気に入った馬をあらかじめ選んでキープしてもらうこともできるのと、手続きを先に済ませておけばすぐに出発できるということで、予約をする人も少なくない。メノウの行動自体はそう目立つ行動でもない。
「午後行くよ」
 勢いに押され気味のスイは苦笑するしかなかった。
「仕方ないな。ちゃんと尾行されているか見ておくことにしよう」
「よろしくね」
 そのとき、シェリスがいつでも昼食にできると伝えに来た。二人とも早起きして空腹だったので、すぐに用意してもらうことにした。

次回更新予定日:2018/12/01

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
「お前のお守りをしてやるほど暇ではない」
「普通に断るな」
 さらりと流したスイに、キリトは突っかかった。
 そんなキリトでも執務室を使うことはある。個別で極秘情報などを聞くときにはやはり個室というのは便利なのだ。
 スイが頷いたのを見て、キリトは立ち上がった。
「ちょっとスイと執務室で話している。何かあったら、ノックしてくれ」
 キリトの後を歩きながら、途中、本棚から地図を引き抜いた。地図を抱えたまま執務室に入ると、キリトがドアを閉めて鍵をかけた。
「なんだ。メノウ君から面白い情報でも仕入れたかね?」
 少し茶化したように聞きながら、キリトは座り心地の良いソファにどんと倒れ込んだ。スイも続くように何も言わずに静かに座った。口を開いたのは、その後だ。
「どうやらメノウが二ヶ月前から尾行されているようなんだ」
「尾行?」
 キリトが身を乗り出した。口元に笑いを浮かべている。何か面白いことを期待している顔だ。
「魔珠の里の者を尾行するなんてそんな猛者いるのかね?」
 わざとらしい訊き方だ。スイは苦笑した。
「どこの誰かまでは突き止めていない」
 だが、二ヶ月前に港で不審な動きをする人物に気づいて記憶しておいたこと、そして今もその人物が尾行を続けていることをキリトに話した。
「いやあ、無謀だな。そんなのばれたら組織ごとつぶされちゃうよ。それとも」
 キリトも昨日のメノウに負けない悪い顔になった。
「つぶされない自信がある組織なのかなあ?」
 面倒なので、スイはつき合うのをやめた。
「メノウがそいつを生け捕りにして情報を引き出したいと言っている」
「で、協力しろと?」
 相変わらず楽しそうに笑っている。予想はしていたとおり、キリトがこの作戦に反対することはなさそうだ。
「メノウは何としてでも証拠を手に入れて、マーラルの魔術兵器開発を阻止したいと考えている。情報の一部はこちらにも提供してもらえるらしい」
「悪くない話だな」
 隣国の魔術兵器の開発はリザレスにとっても脅威だ。証拠をつかめば、外交のカードに使うことも、やりろうによってはもくろみを阻止することだって可能かもしれない。いずれにしても不安定な情勢のマーラルの情報は、どんなものでも持っておくだけで価値がある。それに尾行を捕らえることによって魔珠の里に貸しを作ることにもなる。

次回更新予定日:2018/11/24

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
「馬を使えば、二日でたどり着ける。途中、パヴェで一泊すればいいと思う」
 スイはパヴェの場所を指差した。ちょうどクラークとアレアの中間地点辺りだ。パヴェは地理的に見ても多くの街道が交差し、旅人たちがよく訪れる大きな町だ。
 リザレスの街道沿いの町には馬屋がある。馬屋は全国的なギルドを持っていて、誰でも簡単な用紙に名前を記入し、金を払えば、馬を借りることができる。借りた馬は国内のどの町の馬屋に返しても良い。名前以外に連絡先や目的地、到着予定日などより細かい情報を記入すると、返却トラブルのリスクが減らせるので、記入した情報の分だけ値引きしてもらえる。
 クラークやパヴェにはもちろん、アレアにも馬屋があるので、クラークで馬を借りて、パヴェの馬屋で一泊預かってもらい、アレアで返却することができる。
「私は別ルートで行く。アレアからお前たちを尾行する」
「了解」
 少しおどけた様子でメノウが敬礼のポーズを取る。
「万が一の場合に備えてキリトだけには概要を話しておこうと思う」
「スイの友達の外務室長だね」
 メノウがにっこり笑うと、スイはうなずいた。
「明日の朝、キリトに話す。今晩と明日はここに泊まってくれ」
「分かったよ、スイ」
 やっとスイの口元がほころぶ。

 カチャッと隣室の鍵の開く音がしてキリトは読んでいた書類から目を離す。扉が開いてスイが入ってくる。
「少し時間取れるか?」
「今か? 構わないけど。向こうの部屋行くか?」
 キリトは椅子にもたれかかって左手の親指で左側のドアを差した。スイの執務室と逆の方向にあるその部屋は外務室長室。つまり、キリトの執務室だ。先代の外務室長たちはもっと執務室にいる時間が長かったはずなのだが、キリトは部下たちと別室で仕事をするのが好きではないらしく、ほとんど外務室の方にいる。
「外務室長様は向こうの部屋で一人で仕事しているのが寂しいだけなのではないかともっぱらの噂だが」
 以前、部下たちの話を小耳に挟んだスイがキリトにさりげなく報告した。すると、キリトは余裕たっぷりの表情を作って答えた。
「愛しい部下の顔を一秒でも多く眺めていたいからに決まっているだろ」
「まあそうとも言うか」
「もっとも」
 キリトは片目をつぶってみせた。
「スイちゃんが向こうで一緒に仕事してくれるって言うんだったら、考えてやってもいいけどね」

次回更新予定日:2018/11/17

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
1  2  3  4  5  6 
プロフィール
HN:
千月志保
性別:
非公開
P R
フリーエリア

忍者ブログ [PR]