魔珠 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『魔珠』を連載しています。 前作『ヴィリジアン』も公開しています。
Admin / Write
「ありがとう」
 書斎に寄って荷物を置き、すぐに応接室に向かう。
「待たせたな、メノウ」
 ドアを開けると、ソファに座っていたメノウが振り向いた。小柄だが、どこか凛としたところがある青年だ。
「いらない荷物は先に部屋に置いてきちゃった。泊めてくれるんでしょ」
「ああ。取りあえず先に話を済ませようか」
「うん。そうだね」
 スイはメノウをいつもの部屋に案内した。スイが手をかざすと、ドアが開いた。魔珠の取引のためだけに使用する特別な部屋で、関係書類と魔珠を一時的に保管する金庫なども置かれている。
「お茶でもどうだ?」
「うん。もらう」
 慣れた手つきでてきぱきと茶を淹れるスイをメノウはじっと見ている。
「何でも自分でやるんだね、スイは」
「あまりここには人を入れない方がいいだろ。もっとうまく淹れられるといいのだが」
「僕はスイの淹れたお茶好きだよ」
「そう言ってもらえると助かる」
 クールだと言われているスイもメノウの屈託のない笑顔を見ると、つい笑いがこぼれる。
「セイラム様はお元気にしておられる?」
「父上か。ああ、元気だ。相変わらず母と静かに暮らしているよ。貴族の子息を何人か引き受けていて学問や剣術を教えているらしいが」
 スイの父、セイラムは魔珠の担当官で、メノウの父、ヘキも売人だった。二人は非常に親しく、ヘキがリザレスに来たときには必ず当時はセイラムの私邸だったこの家に泊まっていった。スイという名前もセイラムがヘキに頼んでつけてもらった名前である。売人は世襲制であるため、生まれたときから跡を継ぐことになっていたメノウも幼い頃から父に同行していた。一歳年下のメノウは、一人っ子のスイにとって友達のような弟のような存在だった。いつからかスイはメノウが来るのを楽しみにするようになった。いつも側にいるわけではないが、いちばん何でも正直に話せる間柄だった。
「いいなあ。親父も引退したらそんな生活がしたかったんだろうなあ」
 セイラムはあまり宮廷の生活というのが好きではなかったらしく、スイが跡を継げるようになったと判断するやいなやすぐに引退した。職を辞しても宮廷に残り、行事などに参加する者の多い中で、私邸を子に譲って郊外で隠居生活を始めたセイラムはかなり異例といってもよい。一方、ヘキは引退した売人らしく、里の外れで一人寂しく暮らしている。
「早速だけど、注文の品の確認してもらってもいい?」
「ああ」
 
次回更新予定日:2018/08/18

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
PR
「今日はメノウが来る日らしいじゃないか」
 キリトがにやにやしながら近づいてくる。
「ああ」
 スイはそっけなく答えた。
「何だよ。本当はめちゃくちゃ嬉しいくせに。かわいくねえヤツ」
 メノウは魔珠の売人だ。火を焚くにも明かりをつけるのにも魔法を使っていたこの時代、魔力の源となる魔珠は人々の生活に不可欠なものであった。大がかりな魔法が使える者はもうすでに専門の術士だけになってしまったが、普段の生活に必要なちょっとした魔法はまだ誰でも使えた。
 しかし、魔珠は貴重品であった。魔珠の里と呼ばれる誰も知らない場所で、製造されているのか採掘されているのか、それさえも分からない。里に住む一族だけが知っている。里の住民は外部に出ることを許されず、掟を破った者は容赦なく暗殺される。外部に出てもよいのは魔珠の売人や諜報活動をする者など一部の者だけだった。メノウはその責任者であり、唯一魔珠の取引を許された人物であった。ここリザレス王国の魔珠担当官はスイ。スイもまた、リザレスでは唯一魔珠の交渉窓口となることを里の者たちから許可されている人物というわけだ。
「なあ、せっかくなんだからメノウべろんべろんに酔わせて里のありかでも聞いとけよ」
「バカ言え。あいつと飲んでいたらこちらの方が先に倒れる」
「ほう。酒豪のスイ様にそんなふうに言われるとは奴さんもなかなかだね」
 先ほどからスイをからかっているキリトはこれでもリザレスの外務室長だ。スイは任務の性質上どの機関にも属していないのだが、表向きは外務室所属になっていて、キリトの部下ということになっている。また、必要なときキリトの部下を使わせてもらうこともある。このようにたわいない会話が弾むのは、二人が士官学校で同期だったためである。
「お前に酒豪と呼ばれる筋合いはない」
 冷たく突き放すと、スイは必要な資料を持って部屋を出ていった。
「顔はいいのに」
「ああ。性格が悪い。パーティーのときキャーキャー言っているご婦人方に教えてやりたいよ、まったく」
 部下に同意して、キリトも席に戻った。

 少し早めに外務室のある王城を出て、スイは私邸に戻った。
 私邸は王都クラークの、城から比較的近い場所。貴族が多く住む地域の一角にあった。
 扉の横ですでに執事のシェリスが待っていた。
「お帰りなさいませ」
 扉を閉めると、シェリスは言った。
「メノウ様が到着されてます。応接室でお待ちです」

次回更新予定日:2018/08/11

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
ヴァンパイア化した町や村の浄化は順調に進んでいた。
 グレンはいつものように派遣されていた村から戻り、エストルの執務室に向かった。
 ドア口に立つと、名前を呼ぶよりも先にドアが開いた。
「グレン、今帰ったのか?」
 さすがに人がいるとは思っていなかったようで、エストルも驚いた顔を見せる。だが、すぐに元のきりっと引き締まった表情に戻ってドアを閉めると、口元をほころばせて言った。
「ちょうどいい。ついてきてくれ」
「あ、はい」
 急に言われてとまどいながら、グレンはエストルの後をついていった。たどり着いたのはエストルの私室だった。
「グレン!」
 シャロンが立ち上がる。続いてゆっくりとした動作で横に座っていたウィンターも席を立った。
「シャロン、それにウィンター。元気にしてた?」
 満面の笑みを浮かべてグレンがテーブルの方に向かう。
「グレン、座ってくれ。ちょうど私もウィンターたちの報告を聞こうと思っていたところだったんだ」
「良かった、会えて。僕にも聞かせてよ。テルウィングの話」
 グレンが腰かけたのを確認しながら、エストルはカップを用意した。ポットから茶を淹れてグレンの前に置くと、そっと席に着いた。
 ウィンターとシャロンはまず出会ったヴァンパイアを浄化しながら、ウィンターがかつて活動の拠点にしていた村を目指した。すぐに自力で復興できそうな町や村の住人は、そのまま状況の説明をするだけで良かったが、もうヴァンパイア化してから年数が経ってしまった村の住人は、ウィンターの村に連れて行くこともあった。ヴァンパイア化した人の数が多く、荒れ果ててしまっている町は人間に戻っても生活が困窮する可能性が高いと判断し、やむを得ず、浄化を後回しにすることにした。
 村に帰ると、かつての仲間たちが迎えてくれた。そこでウィンターはテルウィング王がヴァンパイアに噛まれて絶命したことを知らされる。王に対して恨みを持っていた部下の陰謀だったらしい。危機感を抱いた王子が城から脱走を図った。城の状況を偵察していたウィンターの仲間がその王子を保護し、村に連れ帰った。王子はウィンターたちの活動に感銘を受け、村で暮らしながら剣術と魔術の鍛錬に励み、今では見回りなどの活動にも参加しているという。
「殿下はまだ十五歳だが、聡明な方だ。王都が落ち着いたら、戻って即位を宣言し、我々に協力してくれるとのことだ。ムーンホルン王ともなるべく早く話がしたいとおっしゃっている」
 ムーンホルンで上級ヴァンパイアを追っている間に、願ったり叶ったりの方向に事態は動いてくれていたらしい。
「王都には行ってみたか?」
 エストルが問うと、ウィンターはうなずいた。
「城の者たちはほとんどがヴァンパイア化していた」
 そこで、まずは宮廷魔術師から浄化して上級ヴァンパイアの開発のことについて聞き出した。上級ヴァンパイアたちを全てヴィリジアンで倒したことを話すと、魔術師たちは魂が抜けてしまったように呆然と立ち尽くしていた。しかし、しばらくすると、大方の者がほっと安堵したようなすがすがしい表情になり、ウィンターに協力してくれた。魔術師たちも人間だ。力を追い求める一方で、あまりにも強大な力を持つ存在に恐れを抱いていた。
「研究は続けていたが、試作などはもうしていなかったらしい」
「上級ヴァンパイアを倒せる者が現れるとは思っていなかったのだろう」
 エストルが言った。
 ウィンターは上級ヴァンパイアの開発に関わる記録を一ヶ所に集め、封印した。ヴィリジアンの力でしか発動しない封印にした。
「取りあえずヴァンパイアのいない世界に戻す準備が整ったね」
 グレンはほっとした表情を浮かべた。
「そうだな。では、早速陛下とテルウィングの新国王陛下の階段の場をセッティングしよう」
 エストルがいつもの良い姿勢で席を立つ。
「ああ。頼む。ムーンホルンの協力がなければ、ヴァンパイアの浄化を進めたところでテルウィングを立て直せない」
 ウィンターが言うと、エストルはさっと机の書類をまとめてドアの方に歩いていき、振り返った。
「陛下と話をしてくる。戻ってくるまでここでゆっくりしていてくれ」
「ありがとう、エストル」
 礼を言うウィンターにエストルは穏やかな笑みを見せて部屋を出ていった。
 ムーンホルンとテルウィング。二つの国の新しい時代が始まる。

End

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
「ここで兵士たちの指導でもしないか?」
 透かさずエストルが提案する。
「そうですね。考えておきます」
 クレサックは取りあえず保留にすることにした。
「クレサック」
 ウィンターに手を握られてクレサックは振り返った。
「あなたが私を信じてくれなければ、みんなとも巡り会えなかった。本当に感謝している」
「私もヴァンパイアの殲滅の役に立てて嬉しかった。礼を言うよ。シャロンを頼む」
 二人はぎゅっと握った手に力を込めて感謝の気持ちを示し、手を離した。
「ソフィア」
 隣にいたソフィアはにっこり笑って手を差し出した。
「ありがとう。あなたのおかげでムーンホルンは救われた」
「こちらこそ。短い間だったが、共に戦えて楽しかった。それに、ソードに良くしてくれてありがとう。また会おう」
 握手すると、次はエストルと言葉を交わした。
「あなたの協力がなければ何もなし得なかった。難しい役回りを押しつけられたにも関わらず、本当によく立ち回ってくれた。ありがとう」
「陛下とムーンホルンを救ってくれたことを感謝する。報告を待っている。そして」
 エストルはいたずらっぽい笑いを口元に浮かべる。
「手合わせありがとう。楽しかった」
 ウィンターは笑顔でうなずくと、最後にグレンの前に立った。ウィンターはグレンのヴィリジアンの瞳をじっと見つめた。もう見慣れた瞳なのに未だに吸い込まれそうになる。
「大変な目にあわせっぱなしでお前にはいくら感謝しても足りない。でも、お前にしかできなかった。グレン、お前に会えて本当に良かった。ありがとう」
「僕も君と出会わなかったら、ヴィリジアンと出会わなかったら、希望なんて持てずにただ苦しみを押し殺しながらヴァンパイア討伐をする毎日を送り続けていたと思う。決して平坦な道のりじゃなかった。でも、がんばって乗り越えてきて良かったと思う。みんなのおかげだよ」
 グレンは両手でウィンターの右手を強く握った。
「ありがとう、ウィンター」
 そして、シャロンの手を取った。
「ムーンホルンのヴァンパイアは僕に任せて」
「ありがとう、グレン。私、がんばってくる」
 空は穏やかに晴れていた。ウィンターとシャロンの後ろ姿が遠くなっていく。シャロンが振り返って手を振る。グレンはくすっと笑って大きく手を振り返した。一歩前に出たウィンターに声をかけられ、シャロンは手を振るのをやめて前を向いて再び歩き出した。グレンは心の中で祈った。
 ムーンホルンにもテルウィングにも、みんなが笑って暮らせるような日が早く来ますように。

次回更新予定日:2018/07/21
 
ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
エストルはグレンの緑色の瞳を真っ直ぐ捕らえた。
「お前はお前だけがなし得る方法で力を手に入れた。他の誰かがお前と同じように力を得るためにヴァンパイアに噛まれてもまずは意識を保つことさえかなわない。お前の培ってきた強靱な精神力や魔力があってこそなし得たことだ。それに」
 エストルは皮肉っぽい笑いを浮かべて言った。
「力自体には善も悪もない。人間の力であろうとヴァンパイアの力であろうと使い方次第で善にもなれば悪にもなる。結局は力をどう使うかだ」
 すっとエストルがグレンの手を取る。
「グレン、お前なら信用できる。お前にならどのような力であろうと託すことができる」
「うん。ありがとう、エストル。もう少し、この力を使わせてもらうことにする。だから、エストル。もうしばらくよろしくね」
 エストルは微笑んだ。グレンの力になれることがただただ嬉しかった。

 翌日、会議が行われた。
 会議では、二人になった王騎士の任務の分担が決められた。ソフィアは魔獣とゾンビの対応、グレンはヴァンパイアの浄化に専念することになった。
「情報はこれまでどおり収集する」
 基本的にやり方は今までとは変わらない。ヴァンパイアを斬りつける剣にヴィリジアンの力が加わっただけだ。それだけだが、それだけで人を救うことができるようになる。今まで討伐するしかなかったヴァンパイアを人に戻すことができる。
「時間はかかると思うが、地道にやっていこう」
 グレンはエストルにうなずいた。
 テルウィングの今後のことも議題に挙がった。ウィンターは昨晩話したようにテルウィングに行って仲間と合流し、情報交換をした後、テルウィング王に会うつもりだと会議の参加者たちに伝えた。それに加えて、テルウィングのヴァンパイアの浄化のために、ヴィリジアンの使い手であるシャロンの同行の許可を願い出た。ウィンターの提案は会議で承認され、二人は三日後に出発することとなった。

 ウィンターとシャロンの出発の日が来た。上級ヴァンパイアの討伐作戦に参加した面々が見送りに来ていた。
「しばらく顔が見られないと思うと寂しいものだな」
 クレサックがしみじみと言うと、シャロンが笑う。
「もう。何ヶ月かで報告に戻ってくるって」
「だが、確かに一人でリネルの小屋で暮らすというのは今までなかったことだから、寂しいかもしれないな」
 ウィンターが少し同情した。誰かが出かけてしまうことも多かったとはいえ、三人で賑やかに暮らしていたクレサックにはきっと物足りないことだろう。

次回更新予定日:2018/07/14

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
1  2  3  4  5  6 
プロフィール
HN:
千月志保
性別:
非公開
P R
フリーエリア

忍者ブログ [PR]