魔珠 第5章 インディゴ(5) 森の隠れ家 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『魔珠』を連載しています。 前作『ヴィリジアン』も公開しています。
Admin / Write
「久しぶりだな。相当腕を上げたようだな」
「そんな。こんな姿で……お恥ずかしいかぎりです」
 激しく混乱している。顔を赤らめるグレンをクレサックは優しい眼差しで見た。
「そんなことはない。お前ほどの腕がなければ、あの状況から生還することは難しかった」
 あの状況?
 グレンはぼんやりと記憶をたどった。
 インディゴ鉱山に捜索に行って、クラーケン型の魔獣に腕を刺されて――
「あの魔獣の毒は猛毒だ。お前の治癒力で初期段階に解毒をしていなかったら死んでいた」
 グレンの表情がこわばった。今思い出しても怖い。あのときは本当にもう駄目かと思った。
「ウィンターが来てくれなかったら……死んでた」
「一人では無理だ。私も魔物がお前に気を取られていたからこそ倒せた。それにお前の魔力を借りなければあれだけの巨体は斬れなかった」
「そう……それより……」
「ああ。そうだな」
 クレサックはグレンに笑いかけた。
「ここは、私の家。隠れ家だ」
「隠れ家?」
「そう。隠れ家だ。窓の外を見れば分かるが、森の中にある。辺りには特殊な結界が張ってあって、私が認めた者しか入れない。それ以外の者はここにたどり着けないようになっている」
「なぜそんなことを?」
「ヴァンパイアを殲滅するためだ」
 グレンは目を丸くした。クレサックは続けた。
「王騎士だった頃、とある村にヴァンパイア討伐に行き、ウィンターと出会った。そして、真実を知った。お前も聞いたはずだ。ヴァンパイアがテルウィングの生物兵器であり、それがゲートを介して送り込まれてきたのだと」
 そのとき、隣の部屋でドアの開く音がした。
「ただいま」
 またしても聞き覚えのある声だ。
「あ、目、覚めたの?」
 顔を覗かせたのはシャロンだった。グレンは驚きのあまり声が出なくなった。

次回更新予定日:2015/12/19

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 41  40  39  38  37  36  35  34  33  32  31 
プロフィール
HN:
千月志保
性別:
非公開
P R
フリーエリア

忍者ブログ [PR]