ヴィリジアン 第15章 神殿(6) 大広間 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
神殿の大きな扉の前に立つ。堂々として威厳のある扉だ。何か圧力のようなものを感じる。
「扉を開けたとたん、魔物があふれ出てくるかもね」
 ソフィアがぽつりと言った。
「外に出てしまった魔物は減速しなくても広い空間を使って戦えばいいから、先に中に残っている魔物に一回で呪文をかけてしまいたいところね」
「扉を開けたらまず私が魔力で敵を吹っ飛ばして入口付近を空けます」
「じゃあ、減速の呪文は僕がかけるんだね」
 扉の真ん前に立ったリンのすぐ後ろにルイがすっと場所を取る。リンの方が魔法に威力があるので、自然にこういった役割分担になる。息のぴったりな二人はそこに一緒に立っているだけで安心だ。
「呪文をかけたら、いったん外に退避します」
「それでいきましょう」
「では、私たちで扉を開こう」
 エストルとウィンターが扉の左右のノブを握る。
「開けるぞ」
 グレンとソフィアは剣を握りしめた。
 行くよ、ヴィリジアン。
 グレンが心の中で声をかける。
 エストルとウィンターがうなずき合って、重い扉を一気に開く。
「喰らえ!」
 間髪入れずにリンの魔法が飛び、入口付近に控えていた魔物たちが吹っ飛び、少し空隙ができた。そこにすぐに入ったルイが減速の呪文を唱える。すぐに飛んで後ろに下がると、ソフィアが予想したように魔物たちが外にあふれてきた。素速くソフィアが先に出てきた魔獣たちを仕留める。
 外に出てきたのは魔獣が多いようだ。しかも大半は鳥型の飛ぶ魔獣で、すぐにどこなに飛んでいってしまった。行く手を阻まない魔獣は、町の外の冒険者たちに任せることにする。目的はあくまでも大広間の突破だ。
 グレンは外に出てきたヴァンパイアを二、三人斬りつけると、もう大広間に入って次の標的を探し始めた。大広間での魔物の比率も魔獣の方が圧倒的に多い。ヴァンパイアは全員服装からして神官だった人のようだ。
 丁寧に正確に素速く仕留める。魔獣がすぐ横にいる場合はまとめて斬りつける。魔獣は消滅し、ヴァンパイアはその場に倒れる。
 外にヴァンパイアがいなくなったのを確認すると、リンが外にいるメンバーに声をかけた。
「中に入ってください」
「分かったわ」
 ソフィアが答えると、他のメンバーも中に入った。

次回更新予定日:2018/02/03

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 153  152  151  150  149  148  147  146  145 

忍者ブログ [PR]