ヴィリジアン 第13章 魔術研究所(13) パイヤン調査隊 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
エストルはいつもどおり背筋をぴんと伸ばして話を始めた。もともと長身だが、他の誰よりも背が高く見える。
「まずパイヤンの状況だが、不確定な情報として冒険者たちからの証言がある。パイヤンに近づくに連れて魔物の数が増えていくような気がするという情報と、パイヤンの方角から魔物がやってくるのを目撃したという複数の情報だ。それを受けて、ソードが調査に派遣されたが、パイヤンには異常がなかったとの報告だった。ただし、周知のとおり、ソードはテルウィング側の人間だ。報告は信用できない。そこで、一度、我々自身の目でパイヤンの状況を確認したいと思う」
 一同納得してうなずく。
「そのために調査隊をパイヤンに派遣したいと思う。ただし、先日話したようにテルウィング側がパイヤンに拠点を移して活動を継続している可能性が高い。その場合、調査だけでは済まない。敵陣営に突入する形になる」
 テルウィングはおそらくゲートを抱えるパイヤンを新しい拠点として今までどおり、ヴァンパイア討伐を実行し、ムーンホルンを支配しようとしている。そのためにセレストとともに姿を消した。グレンにはもうすでに調査に行くという認識はなかった。パイヤンには突撃する気でいる。
「それを踏まえた上で言う。ソフィア、グレン、ウィンター、リン、ルイ。この五名にパイヤンの調査をお願いしたい。そして」
 エストルの目がいつも以上に真剣になった。
「私も調査に同行させてもらいたい」
 エストルは辺りを見回し、反応を見たが、誰も意見する者はいなかった。しばし沈黙が続いた後、ソフィアが左右の様子をうかがって口を開く。
「陛下が城に不在となった今、宰相であるエストル様も城を空けてしまうというのはどうなのでしょうか?」
 異を唱えるつもりはなかった。最初から答えは分かりきっている。だが、一度全員で確認を取っておいた方が良いと思い、ソフィアがあえて問う。エストルは答えた。
「陛下がおられないからこそ、私がこの目でパイヤンの状況を見て迅速に判断を下していきたいと思う」
「城のことは私にお任せください」
 エストルの言葉を聞いてクレサックが申し出た。
「ありがたい。お前になら安心して任せられる。異論はないか?」
 すると、ウィンターが皮肉っぽく言った。
「ないな。宰相殿ほどの腕があれば、充分な戦力になる」
 こちらもすっかり突っ込む気満々である。グレンは苦笑した。
「では、クレッチとデュランには私たちとクレサックとの間の伝令をやってもらおう」
「今までどおりですね」
 こちらも皮肉っぽくデュランが言う。
「シャロンにはヴァンパイアの浄化にあたってもらいたい。少しでもヴァンパイアの数を減らしていこう」
「はい」
 いつもの明るいはきはきした声でシャロンが返事する。
「クレサックや城の者たちに私の仕事の引き継ぎをしたいので、丸一日もらいたい。出発は明後日にしようと思う。クレッチとデュランはこれまでどおり途中でヴァンパイア化した町などの情報を積極的に集めてクレサックに伝えて欲しい。シャロンはクレサックと相談して動いてもらおう。以上だ。質問は?」
 特に口を開く者はいなかった。
「では、解散だ。各自よく備えておくように。クレサック、私と一緒に来てくれないか?」
 先にきびきびとした動作で書類をまとめ、部屋を出る。出発前にしておかなければならないことがエストルには山ほどある。少しでも時間が欲しい。クレサックも後ろからついていく。
 残りの者はしばらく話をしていたが、何となくきりがついたところで、ばらばらと席を立ち始めた。
「グレン、体調悪くなかったら少し手合わせの相手してよ」
 ソフィアに声をかけられてグレンはうなずく。
「私もご一緒させてもらっていいかな?」
 ウィンターが加わると、シャロンもついてくる。
 結局、四人で訓練場に向かった。

次回更新予定日:2017/09/30

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 137  136  135  134  133  132  131  130  129  128  127 

忍者ブログ [PR]