ヴィリジアン 第12章 王のいない城(8) 立役者たち 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
「もう何ともないのか?」
「うん。過ぎてしまえば何ともなくなるんだ。体力を消耗するから疲れは残るけど」
「そうか」
 エストルはグレンの手を引いてベッドの前まで連れてくると、そのまま横たわらせた。
「あまり無理はしないでくれ」
 そう言うと、エストルは先ほど書類を片づけたのと同じようにてきぱきとグレンが使ったタオルを洗って絞り、床についた血をふきだした。何をやっても無駄な動きがなくて、眺めていると小気味がいい。
「どうかしたのか?」
 グレンの視線にエストルが気づく。
「ううん。手際がいいなと思って」
 グレンにほめられると何でもうれしい。誰にほめられるよりもうれしい。喜びが込み上げてきてエストルは少し照れたように笑った。
 ドアを開けて廊下に落ちた血も素速くふき取ってきれいにタオルを折りたたむ。床に置いたままだった乱れた書類をかがんでそろえると、右腕に抱えた。静かにドアを閉めてエストルは下に置きっ放しだったタオルを左手で拾い上げて持ち帰った。

 グレンはドアを開けると、二人の客を先に通した。
「どうぞ」
「なるほど。グレンらしい部屋だ」
 いちばん最初に入ったウィンターが部屋をぐるりと見回して第一印象を述べた。さっぱりとしてシンプルであまり物がない。よく部屋を空けているから当然といえば当然なのかもしれないが、エストルの本だらけの部屋とは雰囲気が全然違う。
「座らせてもらうぞ」
 エストルが勝手にダイニングテーブルの椅子を引き出して座る。ウィンターも隣の席に腰かけた。
「お茶でいい?」
「ああ」
 二人の客ににっこり微笑んで、グレンは湯を沸かし始めた。
「こうやって二人で話をするのは、仲間に誘って以来だな」
「そうだな。あまり会うわけにもいかなかったからな」
 二人の話を聞いていてグレンは意外そうな顔をした。だが、確かにクレッチやデュランがいたことを考えると、エストルとウィンターがわざわざ危険を冒して接触する必要もなかったのだから、それはむしろ自然なことなのかもしれない。
「信頼する仲間であるにもかかわらず、あなたがどういう人物なのかをよく知らない。クレサックやグレンから話に聞くだけだ」
「私はグレンからも話を聞けなかったからあなた以上に分からないな。ただ、信頼できそうな人物ではあると思った。一度会っただけで。それと」
 エストルはいたずらっぽい笑みを浮かべた。

次回更新予定日:2017/06/24

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 123  122  121  120  119  118  117  116  115  114  113 

忍者ブログ [PR]