ヴィリジアン 第11章 真相(6) 運命の出会い 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
ヴァンパイア討伐から戻ったクレサックは待機中だった。その日の午後、次の任務を命じられる予定だった。少し体を動かそうと訓練場に向かっている途中、デュランと会った。
「将軍、久しぶりに相手していただけませんか?」
「ちょうどいい。私も一汗かこうと思っていたところだ」
 クレサックはデュランと雑談を交わしながら訓練場を目指した。
 訓練場に着くと、多くの上級兵士たちがクレサックを待っていた。
「よろしくお願いします」
 上級兵士たちは口々に言った。
 クレサックは剣を構えた。
「よし。順番にかかってこい。一撃ずつだ。跳ね飛ばされたら次の者と交代だ」
 果敢に兵士たちはクレサックに向かっていった。だが、クレサックの力は圧倒的で、ほとんどの兵士が剣の接触した瞬間はねのけられ、粘れた者でもほんの二、三秒だった。
 ところが。
 突然、腕に痺れが走るくらい重い一撃がクレサックを襲った。受け止めてはみたものの、払いのけることができない。驚いて顔を見て、さらに驚く。
 青みがかった不思議な緑色の瞳。
 気を取られたような気がして、手に力を入れ直す。完全に力が拮抗したまま時間が過ぎる。これでは事態が打開できない。クレサックは一瞬だけほんのわずかに剣先を退いた。そして、そのまま大きく剣を振った。風が起きて、その兵士の前髪をなびかせた。兵士はバランスを崩すことなく、さっと後ろに下がって次の兵士に順番を譲った。
 一通り終わると、クレサックはその緑色の瞳の兵士を探した。
「見たことのない顔だな」
「はい。まだ上級兵士になって日が浅いので」
 謙虚だが堂々としている。クレサックは緑色の瞳を真っ直ぐ見て尋ねた。
「名は?」
「グレンと申します」
 すると、クレサックは再び剣を握る手に力を入れて微笑んだ。
「グレンか。なかなかの実力と見た。手合わせ願おう」
「お願いします」
 グレンは頭を下げると、クレサックと距離を取った。
「魔法が飛ぶかもしれん。他の者は下がって見てろ」

次回更新予定日:2017/03/18

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 109  108  107  106  105  104  103  102  101  100  99 

忍者ブログ [PR]