ヴィリジアン 第9章 スア(9) 決別 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
「そのようだな。誤算だった」
「ソード」
 グレンは剣を突きつけたまま強い口調でソードに迫った。
「僕と一緒に戦って。ヴァンパイアから、この世界を救うために」
 ソードは押し黙った。だが、次の瞬間笑いが込み上げてきて耐えられなくなり、大声で狂ったように笑い出した。およそソードらしからぬ行動だった。グレンは少しひるんだように一歩のけぞった。
「私はお前の敵だ。信頼を裏切られたことをせいぜい苦しむが良い」
 ぐさりと心をえぐられて動けなくなった。そこへ強い突風が吹いてきて、黒い影が落ちた。とっさに身を守るように手をかざす。突風と影が去り、見上げると、そこにはワイバーン型の魔獣がいた。おそらくモーレで目撃されていたものだ。その背にはソードが乗っていた。
「ソード!」
 グレンは叫んだ。涙が、にじんできた。
「ソード……どうして」
 地面にくずおれて泣き出すと、また痛みが戻ってきた。ヴィリジアンの代わりに受けた痛み。
「グレン将軍」
 シャロンが肩に手を載せる。グレンは涙をふいて振り返った。シャロンはもう片方の手を地面について自分の体を支えていた。先ほどまでうつ伏せになっていて分からなかったが、後ろ側だけでなく、前にも前進びっしりと傷がある。グレンは残っている魔力で応急処置程度ではあったが、治癒をした。
「ありがとう」
 シャロンが笑った。まだ痛みはあるが、体も心も緊張がほぐれて軽くなった感じがする。
「一度リネルに戻ろう」
 グレンが言うと、シャロンは首を横に振った。
「グレン将軍は城に戻って」
「でも」
「嫌な予感がするの」
 こういう事態になったということは。考えられることはただ一つ。誰かがヴィリジアンやシャロンのことをヴァンパイアに明かしたのだ。それができるのはおそらく。
「私は一人で帰る。帰って伯父様に報告する。だから、早く」
「分かった」
 グレンは素速く全身に応急処置を施し、ヴィリジアンを握りしめた。
「シャロン、ヴィリジアンは?」
「将軍が持っていて。きっと力を貸してくれる」
「じゃあ、代わりに僕の剣を」
「分かった。ありがたく使わせてもらうね。次、会ったときに返す」
 グレンはうなずいて駆け出した。よどんだ空気を肌で感じながら。

次回更新予定日:2016/11/12

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 90  89  88  87  86  85  84  83  82  81  80 

忍者ブログ [PR]