ヴィリジアン 第9章 スア(4) 胸騒ぎ 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
「エス、トル……良かっ……」
 グレンはそのまま大量の血を吐いて目を閉じた。全身の力が抜けて、がくんとその体の重みがエストルにのしかかってきた。
「なぜ……なぜ」
 グレンは息絶えていた。
 エストルの中で何かが砕け散る。全てを失ったような気がした。もう全てがどうでも良くなった。絶望がエストルを蝕む。支えを失った意識の鍵が音もなく開かれる。
「面白い。実に面白い。微動だにしなかった精神がたった一つの虚像でいとも簡単に砕かれるとは」
 エストルは幻覚を見ていた。だが、あまりの衝撃にそれが幻覚であるということが分からなくなった。グレンの存在はエストルの中ではそれほど大きいものだった。
「それでは始めようか」
〈追跡者〉がエストルの額に手を置くと、その手から光が発せられた。〈追跡者〉は静かに目を閉じてエストルの記憶に干渉した。

 目の前にエストルがいる。また欲しいという激しい衝動が込み上げてきて抑えきれなくなる。またあの夢。グレンはエストルの首筋に食いついた。だが、その後の展開がこれまでと違っていた。
「助、けて……たす、け、て」
 エストルが目を見開いて右手を伸ばしている。
 血を啜ることなくグレンは目覚めた。
「何? なんで?」
 いつもと違う。エストルが助けを求めた。グレンは違和感を感じて息を切らしながら考える。不意にこれまでの夢とは異質の胸騒ぎがした。何か違うものを感じる。
「何だろう」
 嫌な胸騒ぎだ。引っかかりながらもグレンは浅い眠りにつき、途中何度も悪夢にうなされて目が覚めた。

 一回の入口のすぐ右側にある大広間が兵士たちの待機場所として確保された。ルイはソフィアを部屋の隅に寝かせた。
「大丈夫か、ルイ?」
 一旦状況を確認しに戻ってきたクレッチが声をかける。横にはデュランもいる。
「僕は大丈夫だ。ソフィア将軍の意識がない。少しすればお目覚めになるとは思うけど」
「リンは?」
 すると、壁にもたれかかったまま弱々しい声で答える。
「魔力を、使い切っちゃって……少し、休ませて」
 クレッチは頷いた。そのとき、扉が開いて三人兵士が入ってくる。

次回更新予定日:2016/10/08

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 85  84  83  82  81  80  79  78  77  76  75 

忍者ブログ [PR]