ヴィリジアン 第8章 ロソー城(10) 城の警備 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
「こっちはどう? 問題ない?」
 グレンは南西部の城壁を巡回していたクレッチに声をかけた。
「はい。異常なしです」
「もう体調は大丈夫なの?」
 グレンが聞くと、クレッチは明るく笑って返した。
「はい。もうすっかり元気です。ご心配おかけしました」
「それなら良かった」
 グレンも笑顔になる。
「グレン将軍、ずっと城の周りを回っておられるのですか?」
「いや、別にずっとってわけじゃないけど。できるだけと思って」
「少しは体を休める時間も取ってくださいね」
「うん。ありがとう」
 グレンの配下の兵士たちはクレッチに限らず本当によくグレンのことをよく気遣ってくれる。今まで遠征の任務が多くてずっと一人でいたせいで忘れかけていた感覚だ。城にいるときのこの仲間たちの暖かな雰囲気が心地よい。
 幸い何も起こらず三日が過ぎた。グレンはセレストに呼び出され、謁見室に向かっていた。
「久しぶり、グレン」
 後ろから声をかけられて振り返る。
「ソフィア。帰ってきたんだ」
「さっき戻ったばかりなの」
「そうか。お疲れ様。今回も遠かったね」
「そうね。何だかお城の空気が懐かしい感じがするもの」
 たわいない話をしているうちに謁見室に到着した。ソフィアは手短にヴァンパイア討伐の報告を済ませた。
「それでは、次の任務を命ずる」
 セレストはすぐに話を切り出した。
「グレン」
「はっ」
「城の警備をソフィアと替わって、スアという町に行け。町がヴァンパイア化したらしい。直ちにヴァンパイアを討伐せよ」
「はっ」
 憂いがよぎって一瞬返事が遅れる。だが、もうセレストもそんなグレンになれてきたようで、あまり気にもせず、続けた。
「今日中にソフィアに引き継ぎをするように」
「分かりました。会議室をお借りします」
 グレンとソフィアは謁見室を出た。

次回更新予定日:2016/09/03

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 80  79  78  77  76  75  74  73  72  71  70 

忍者ブログ [PR]