ヴィリジアン 第8章 ロソー城(5) 背負うもの 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
「ねえ、エストル」
 グレンが緑色の優しい眼差しでエストルを見つめる。
「一つぐらいエストルよりもできること持っていてもいいでしょ」
 エストルはきょとんとした。すると、グレンがエストルの手を取って握った。
「一つぐらい僕に任せてよ。そうしないと、エストル、一人で全部背負っちゃうでしょ」
「グレン……」
 これだけたくさんのことを背負っているのに、まだ人のことを背負うのか。エストルは思った。こんなにたくさんのことを背負わせているのに。
 手がとても暖かい。グレンの持っている魔力と同じ暖かさ。この暖かさはグレンだけが持っている、グレンだけが育めた暖かさなのだろう。
「ありがとう」
 手をぎゅっと握り返し、エストルが体を起こした。
「さあ、もう一戦お願いしようか」
「いいよ。いつでもかかってきて」
 小気味良い金属音が風に乗って響く。二人は青空の下、二人だけの時間を楽しんだ。

 呼び出しがあったので、謁見室の方に歩いていると、長い廊下の途中で少し前を歩くソードの姿を見つけた。
「ソード」
 走って距離をつめて、後ろから声をかける。
「グレンか」
 気がついてもソードは表情も歩く速度も変えない。
「次の任務かなあ」
「そうだろう」
 数歩そのまま歩くと、グレンは口を開く。
「昨日の夜、クレッチが上級ヴァンパイアに襲われたんだ」
「何?」
 ここでソードは初めて足を止めた。
「どこで?」
「森で」
「森って、城内の森か?」
「そう」
 頭の片隅で謁見室に行く途中だったことを思い出し、ソードは再び歩き出した。
「何をしに来たんだ?」

次回更新予定日:2016/07/30

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 75  74  73  72  71  70  69  68  67  66  65 

忍者ブログ [PR]