ヴィリジアン 第6章 モーレ(8) 繰り返す悪夢 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
「ウィンター」
 グレンの体がどさっとウィンターの方に倒れてくる。慌てて両腕で受け止めるが、体が小刻みに震えている。
「グレン?」
 見たことのない反応にどう対処して良いのか分からず、ただ戸惑う。
「悪い夢でも見たのか?」
 だとしても、この反応は尋常ではない。グレンは生気のない声で答えた。
「う、うん……」
 そして、小さく呟いた。
「夢、夢だよね」
 言い聞かせるように確認すると、少し冷静になった。グレンは体を起こす。
「魔獣は?」
「倒したのではないのか?」
 ウィンターは驚いて聞き返す。
「いや、僕は」
 そこでグレンは口をつぐんだ。ウィンターは続きを待ったが、その後には沈黙しかなかった。仕方なくウィンターは自分の成果を公表した。
「念のため倒せていない可能性も考えて付近を捜索した。見当たらないから倒したものだと」
「そう」
 グレンは唇を噛み締めた。だが、すぐに口元を緩めて、時折見せる朗らかな笑顔になる。
「暖かいね」
 二人の横には火が焚かれている。ここは意識がなくなった場所、上級ヴァンパイアと対峙した岩棚だ。うっすらと霧がかかり、ひんやりとしていた。ウィンターが焚いてくれたのだろう。
「こんなところに何時間も倒れていたら、ただでは済まない」
「そうだね。ありがとう。いつも助けてもらってばっかり」
「いや。こちらも油断していた。ワイバーン型の魔獣と聞いていたから、すぐに片づけて帰ってくるとばかり思っていた。まさかこんなところで倒れているなんて」
 グレンは押し黙った。そして、しばしの沈黙の後、無表情に呟いた。
「上級ヴァンパイアに、会った」
「何?」
 ウィンターは驚いて言った。
「上級ヴァンパイア? どんな?」
「男性の容姿をしたヴァンパイア」
「だとしたら、<002追跡者>もしくは<005執行者>」

次回更新予定日:2016/03/12

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 54  53  52  51  50  49  48  47  46  45  44 

忍者ブログ [PR]