ヴィリジアン 第6章 モーレ(6) 歪んだ空間 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
頭が割れるように痛い。何かがまたグレンの意識の中に侵入してくる。
 ぱっと辺りの景色が変わった。空間が歪んでいる。ただひたすら歪んでいる。そして、赤い。狂気の赤。それを見ているだけでおかしくなりそうだ。どこにも地面はない。だが、グレンは見えない面の上に確かに立っていた。
「何、これ……」
 見たことのない風景に何とも言えない不安がよぎる。
「どうだ、居心地は?」
 ヴァンパイアの声が空間全体に響き渡る。まるで声の波形に反応するように頭がガンガン痛む。
「いくつか聞きたいことがある。答えてもらおう」
 甲高い不快音が耳に突き刺さる。グレンは激痛に耐えられず膝をついた。
「最初の質問だ。我々は、何者だ?」
 何を言っているのか、一瞬そう思ったが、グレンがどう対応しようか考えるよりも先に唇が勝手に動き出した。
「あなたはヴァンパイア。テルウィングの生物兵器。ムーンホルンを滅ぼすために国王陛下を操りゲートの封印を解きこの地に送られた」
「そうだ。そのとおりだ。よく知っているな」
 グレンははっと右手で口を押さえた。
 今、何を喋った?
「無駄だ。今、お前の意識は操られている。先ほどのようにな」
「そんな」
 何とかしてこの状況から脱しなければ。しかし、思考を巡らせるよりも前に次の質問が来る。
「ヴィリジアンとは、どういう剣だ?」
「ヴィリジアンは」
 またしても口の方が先に動き出した。
「ヴィリジアンはエリーの洞窟に封印されていた魔剣。ヴィリジアンの瞳を持つ者を使い手とし、ヴァンパイア化した人間を浄化し、元に戻す力を持つ」
「ほう。本当に何でも知っているのだな」
 息が乱れていた。鼓動も速くなっている。頭が真っ白になりそうだ。
「では、聞こう。ヴィリジアンは今、どこにある?」
 先ほどの不快音が再び脳裏を貫く。だが、答えるわけにはいかない。ヴィリジアンは最後の希望。それがヴァンパイアの手に渡ってしまったら。グレンは歯を食い縛った。
「答えぬか。見事な魔力耐性。では、何でも知っているお前に問おう。それらの知識をお前に与えたのは何者だ?」
 不快音が強くなる。グレンは呻き声を上げた。

次回更新予定日:2016/02/27

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 52  51  50  49  48  47  46  45  44  43  42 

忍者ブログ [PR]