ヴィリジアン 第6章 モーレ(4) 悪夢の始まり 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
エストルが背中に手を添え、グレンの体を起こそうとした。そのとき。
「いや」
 急にあの発作に見舞われたのだ。
「どうした?」
 異常に気づいてエストルが尋ねる。だが、そのときにはもう、グレンの牙はエストルに刺さっていた。
「グレ……ン?」
 無我夢中で血をすすった。体も心も満たされてゆく。
 どさっと腕に重みを感じてグレンははっとする。腕の中でエストルが倒れている。意識はない。
「嘘……エストル……なんで?」
 自分のしたことに気づいてグレンは凍りついた。
「そんな」
 なぜ止められなかったのだろう。これまでは発作が起きても強靱な理性で抑えられた。ソードに吸血させてもらえるまで我慢することができた。それなのに、なぜ。
「エストル様!」
 背後でドアがばたんと開く。
「ソフィア?」
 すると、素速い動きで腕の中から意識を失っていたはずのエストルが起き上がり、ソフィアに襲いかかる。
「何?」
 ソフィアはとっさに剣を鞘から抜こうとしたが、あまりにも不意なことで間に合わなかった。
「嘘……」
 エストルがソフィアの首筋に食らいついていた。
「どうした?」
 異様な気配と物音に気づいたのか、ソードが駆けつけてくる。ソードは瞬時に状況を理解したようで、剣を抜いてエストルに斬りつけた。
「やめて!」
 エストルとソフィアが同時に倒れる。ソフィアは意識がない。エストルは意識はあるようだが、動けない。
 ソードはしゃがんでソフィアの脈を調べた。グレンは青ざめた顔でソードの顔色をうかがう。しかし、ソードは首を横に振った。
「そんな……」
 ショックで動けなくなっているグレンの横を通って、ソードはゆっくりとエストルに近づく。エストルの背中から血が流れている。

次回更新予定日:2016/02/13

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 50  49  48  47  46  45  44  43  42  41  40 

忍者ブログ [PR]