ヴィリジアン 第6章 モーレ(3) 力の限界 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
グレンは吹き飛ばされて地に叩きつけられた。すぐに次の閃光がグレンを襲う。
 できる。今の力ならできる。
 グレンは剣で光をはねのけた。その次の赤い光も剣を横にして受け止めた。
「ほう。ヴァンパイアとなって力を手に入れたか。少しは強くなったようだな」
 だが、赤い光は押してくる力が強く、少しずつ大きくなっている。グレンは両手で剣を持って光を跳ね返そうとしたが、光が強い力でグレンに向かってくる。踏ん張っている足が地面を削りながら後退している。
「ああっ!」
 体が耐えきれなくなって吹き飛ばされる。グレンは岩に全身を打ちつけられた。
 やはり、強い。
「どうした? 力を手に入れたのではなかったのか?」
 圧倒的な魔力が周囲に溢れ出した。体がついていけない。急に恐怖で動けなくなった。
 無抵抗なグレンの体を宙に吊り上げ、自分の元に引き寄せる。
「どうして、ここに?」
 精一杯力を振り絞って声を発する。それでも、消え入りそうな声だ。グレンは完全に見えない圧力に呑まれていた。
「魔獣狩りが好きと聞いてな。わざわざおびき寄せたのだ」
「何が、目的だ?」
「まあいくつかある」
 ヴァンパイアは楽しそうに言った。
「一つはお前の魔力をもらうため。お前はいい魔力を持っている。一度取り込むと癖になる。強く、質の良い魔力だ。二つ目は面白い戯れを思いついてそれを試したくなったから。そして、最後に、気になることがあったからだ」
「よく、分からない」
 少し朦朧としてきた意識でグレンは返した。
「すぐに分からせてやろう」
 ヴァンパイアはグレンの肩をつかんだ。
「あ……」
 首筋に牙が食い込む。力が一気に抜け、意識が遠のく。ヴァンパイアの力が働いていなかったら、落ちて地面に叩きつけられていたに違いない。

「グレン。大丈夫か、グレン」
 目を開けると、そこには心配そうにグレンの顔を覗き込むエストルがいた。
「ここ、は? あれ、どうして……」
 グレンは辺りを見回した。間違いない。エストルの執務室だ。
「良かった。心配したぞ。起き上がれるか?」

次回更新予定日:2016/02/06

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 49  48  47  46  45  44  43  42  41  40  39 

忍者ブログ [PR]