ヴィリジアン 第1章 ムーンホルン(10) 牙の痕 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
「グレン。気がついたか?」
 緑色の瞳を開くと、知っている顔がぼうっと映る。
「グレン、私が分かるか?」
 まだ思考回路がうまく働いていない。
「あ、僕……」
 生きている。しかも意識もある。ヴァンパイアに血を吸われたはずなのに。
 ソードが何も言わずにじっと顔を見つめながらグレンの手を取る。いつもは涼しい眼差しが心配そうにグレンを見ている。
「……ソード?」
「良かった。分かるのだな」
「ヴァンパイアは?」
 不意に思い出してソードに聞く。
「逃げられた。大技を喰らわせて追い返すだけで精一杯だった」
「追い返した? ヴァンパイアを?」
 やはりソードの実力は王騎士の中でも飛び抜けている。あのヴァンパイアを追い返したなんて。全く歯が立たなかったのに。
「その……何ともないのか?」
 ソードがグレンに尋ねる。
「たぶん。今のところは何ともないみたい」
「そうか……」
「でも、ヴァンパイアに噛まれて何ともないなんてことあるのかな」
「それは……」
 ソードはちょっと考えて決心したように口を開く。
「グレン」
「何?」
「これから話すことは、他の誰にも言わないで欲しい」
「言わないで、って……」
「いや、言っても支障はないのかもしれないが……ちょっと話してもいいものかどうかずっと迷っていることなんだ。だから、私が話すと決めるまで、他の人には話さないと約束してくれないか?」
「……分かった」
 釈然としないものを感じながらもグレンは約束する。ソードはうなずいて話を切り出した。
「私も……小さい頃……ヴァンパイアに吸血されたことがあるのだ」

次回更新予定日:2015/07/04

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 15  14  3  13  12  11  10  9  8  7  6 

忍者ブログ [PR]