ヴィリジアン 第1章 ムーンホルン(6) 緑色の瞳 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
グレンは身を乗り出した。
「あなた……いったい何を知っているというのですか?」
「あまり多くを明かせない。少なくとも今は。だが、上級ヴァンパイアを追い、これ以上人間がヴァンパイアになるのを阻止したいと考えている」
 素性はよく分からない。しかし、ウィンターがヴァンパイアに関する情報をかなり持っていることは確かだ。ヴァンパイアにランクがあることを知っている人はそう多くないはずだからだ。
「お前と協力したい。私だけでは限界なのだ」
「なぜ、僕なのですか?」
「それはお前が王騎士だからだ。他にも理由はあるが、まあいずれ話すことができると思う。これで信用しろというのも気が引けるが、こちらからも情報を提供できる。どうだろう?」
 グレンは答えなかった。
「きれいな色の瞳をしているな」
 グレンの表情を伺っていたウィンターが不意に話を逸らす。グレンの瞳の緑色は確かに少し特徴のある緑だ。深みがあり暗くも見えるが、それでいて鮮やかで、青みがかっているような感じもする。かなり複雑な色だ。
 ウィンターは席を立ってドアの方に歩き出した。
「考えておいてくれ」
 グレンも頷いて戸口に向かった。すると、ウィンターが耳元で呟いた。
「また会おう」
 グレンはもう一度頷いた。

 三人の王騎士が久々に謁見室に集結した。
「お前から聞こうか、ソフィア」
「はい。ミルルの森に現れたモンスターというのは、大型の獅子のような姿をした魔獣でした。さして強くもなかったので、すぐに片づけて参りました。住民には犠牲は出なかった模様です」
「そうか。ご苦労だった。ソード」
「はい。シルクールに参りましたが、やはり村がヴァンパイア化しておりましたので、ご命令通り一掃して参りました」
「ご苦労。グレン」
「はい」
 グレンは呼吸を整えた。
「ルナリアのヴァンパイア、討伐して参りました。村はすでに壊滅的な状況で……生存者は、
いませんでした」
「村人は全てヴァンパイア化していたということかね?」
「はい。全滅です……」

次回更新予定日:2015/06/06

ランキングに参加中です。よろしかったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 12  11  10  9  8  7  6  5  4  2  1 

忍者ブログ [PR]