ヴィリジアン 第1章 ムーンホルン(5) ヴァンパイアを追う者 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
「悪いけど、今日は先に失礼させてもらうよ」
「え、じゃあ、私たちも……」
「いいよ。気を遣わなくても。君たちは心ゆくまで飲んでいてよ。飲み代はつけてくれたらいいから」
「じゃ、お言葉に甘えて」
 グレンは席を立ち、クレッチとデュランを置いて月下亭を出た。
「お疲れなのね。将軍様も」
 カウンターの向こうから声がする。
 外に出てみるととても静かだ。今夜は雲がまだ多いのだろうか、月も星もなく暗い。酒場の窓から漏れる明かりだけが明るい。
 酒場の裏側に差しかかると突然誰かがグレンの腕をつかんだ。あまりにも暗くて人がいることに気がつかなかった。
「誰?」
「ムーンホルン国王騎士グレン将軍だな。ヴァンパイアのことで話がしたい。ご同行願えないだろうか」
「ヴァン、パイア?」
 グレンはその言葉に強く反応した。それに男は無理矢理グレンを連れて行こうという素振りを見せない。
「分かりました」
 グレンは裏通りに向かうその影の後を追った。
 男に案内されたのは小さな宿屋の一室だった。男がランプを点すとようやく顔が見えた。精悍で大人っぽい、それでいて少し神秘的な顔立ちだった。グレンはふと仲間の王騎士ソードを思い出した。雰囲気が似ているような気がしたのだ。
「こんな場所で済まない。それにしても、よく来てくれたな」
「あなたは?」
「ああ。私はウィンターという者だ。ヴァンパイアを追って旅をしている」
「最近ヴァンパイアを狩ることを専門にするハンターが出てきていると聞きますが、あなたもそうなのですか?」
「いや。違う」
 ウィンターはきっぱりと否定した。
「私が追うのはもっと上級のヴァンパイアだ。ヴァンパイアの根源となっている、いわば人間を吸血しヴァンパイアにしてしまう奴だ」

次回更新予定日:2015/05/30

ランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 創作ファンタジーリンク
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 11  10  9  8  7  6  5  4  2  1 

忍者ブログ [PR]