ヴィリジアン 第1章 ムーンホルン(2) 忍者ブログ
オリジナルファンタジー小説『ヴィリジアン』を連載しています。
Admin / Write
「もうすぐ城に着きます」
「そうだね。城に着いて報告が終わったら酒場で飲もう。ろくにうまいものも食べられなかったし」
「さすがグレン将軍」
「それでは、『月下亭』でお待ちしてますよ」
「うん。そうしよう」
 しばらく歩くと城門に辿り着いた。
「これはこれは、グレン将軍。お帰りなさいませ」
「ただいま。いつも見張りご苦労様。何も異常はなかった?」
「はい」
「それは何よりだ」
 そして、くるりとクレッチとデュランの方に振り返って言った。
「僕は一旦城に戻る。君たちは好きにするといい。今日はここで解散してまた後で会おう」
「はい。また後ほど」
 門番と部下たちに見送られ、グレンは城の方に歩いていった。一人になってみると、また先ほどの憂鬱な気分が戻ってくる。ヴァンパイア討伐の任務は本当に気が滅入る。
「お帰りなさいませ、グレン将軍」
「ただいま」
 城で働く者たちに声をかけられるたびに挨拶を返しながら自室に向かっていると、偶然廊下でばったりと宰相のエストルとあった。
「今帰ったのか、グレン?」
「はい。荷物を置いて着替えだけしてから陛下にご報告に行こうかと」
「今回は陛下へのご報告は王騎士が全員揃ってからでいいそうだ。あとの二人もあと二、三日で戻ってくるようだからな。久しぶりに顔を合わせられるぞ」
「そうでしたか」
「いちおう私が大まかな話だけ聞いて陛下にお話ししておく。一休みしてから私の部屋に来てくれ」
「分かりました。伺います」
 グレンは急いで階段を駆け上がっていった。
 
次回更新予定日:2015/05/09

ランキングに参加しています。よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 8  7  6  5  4  2  1 

忍者ブログ [PR]